医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」

「Ringadoc Exchange」の画像

※2016年9月19日更新 残念ながらサイトが閉鎖されていました。

「Ringadoc Exchange」の画像

 

こんちには、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

ドクターと患者さんのコミュニケーションアプリとして「MeeDoc」や「「Doctor On Demand」」などを紹介してきましたが、今回は、それらとは少し違った形で、ドクターと患者さんをつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」を紹介します。

医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」とは?

 

 

「Ringadoc Exchange」は、米国で150万人以上の患者が利用しているクラウド型自動応答アプリです。

具体的には、患者さんの時間外の電話に対応するアプリで、ドクターが帰宅後に患者さんから電話がくると、アプリを通じてボイスメールを残せるようになっています。

 

「Ringadoc Exchange」の画像

 

 

ドクターには、あらかじめ設定しているスマートフォンやPCにアプリを通して、録音されたメッセージが届き、ドクターはそれを聞いて、その患者さんの対応を決めることができます。

時間外の対応に苦慮していたドクターはこのアプリで、助かっているようです。

 

医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」

https://www.ringadoc.com/

 

PS.

日本国内でも、こういったアプリが広まり、救急受診が減れば、医療費抑制にも役立つかもしれません。

このアプリは、どちらかというとドクター視点のようですが、患者さん視点だけでなく、ドクターの労働環境改善などのアプリも普及していくといいですね。

 

関連記事

「MAMORIO(マモリオ)」

紛失を防ぐ世界最小クラスのIoTデバイス「MAMORIO(マモリオ)」

「uHoo」

喘息や花粉症の方にオススメ!部屋の衛生状態を客観的にチェックできるIoTデバイス...

「Oto Home」

耳の病気がわかるiPhone用遠隔診療アプリ「Seymour」と専用デバイス「O...

「DFree」の画像

便がいつ出るか教えてくれるアプリ!?排泄予知ウェアラブルデバイス「DFree」

ロコモニター

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用iPhoneアプリ「ロコモニター」

「WISO」

緊急事態にはこれを使って危険を知らせよう!スマートホイッスル「WISO」