医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」

「Ringadoc Exchange」の画像

※2016年9月19日更新 残念ながらサイトが閉鎖されていました。

「Ringadoc Exchange」の画像

 

こんちには、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

ドクターと患者さんのコミュニケーションアプリとして「MeeDoc」や「「Doctor On Demand」」などを紹介してきましたが、今回は、それらとは少し違った形で、ドクターと患者さんをつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」を紹介します。

医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」とは?

 

 

「Ringadoc Exchange」は、米国で150万人以上の患者が利用しているクラウド型自動応答アプリです。

具体的には、患者さんの時間外の電話に対応するアプリで、ドクターが帰宅後に患者さんから電話がくると、アプリを通じてボイスメールを残せるようになっています。

 

「Ringadoc Exchange」の画像

 

 

ドクターには、あらかじめ設定しているスマートフォンやPCにアプリを通して、録音されたメッセージが届き、ドクターはそれを聞いて、その患者さんの対応を決めることができます。

時間外の対応に苦慮していたドクターはこのアプリで、助かっているようです。

 

医師と患者をつなぐアプリ「Ringadoc Exchange」

https://www.ringadoc.com/

 

PS.

日本国内でも、こういったアプリが広まり、救急受診が減れば、医療費抑制にも役立つかもしれません。

このアプリは、どちらかというとドクター視点のようですが、患者さん視点だけでなく、ドクターの労働環境改善などのアプリも普及していくといいですね。

 

関連記事

「CLINICS(クリニクス)」

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニ...

頭痛

頭痛でお困りの方必見!頭痛予報アプリ「ズキンちゃん」とは?

G・U・M PLAY

歯磨きも新時代に!?歯磨きを見える化するIoT歯ブラシ「G・U・M PLAY」

「DrinkMate」

アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」

「iExaminer」の画像

iPhoneで網膜画像診断が可能に!眼検査ができる遠隔医療アプリ「iExamin...

「Propeller Health」

喘息用吸入器と連動して症状を管理するアプリ「asthmapolis」(Prope...