【ウェアラブルデバイス×遠隔診療】新たな遠隔診療サービスMedically(メディカリー)

Medically

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

今までさまざまな遠隔診療サービスを紹介してきましたが、新たな遠隔診療サービスが登場しました!

今までのサービスとの大きな違いは「ウェアラブルデバイス」

なんとウェアラブルデバイスが貸与されて、日々の健康状態を確認できるというのです。

そんな遠隔診療サービスが「Medically」です。

Medically

出典:Medically

ウェアラブルデバイス×遠隔診療サービスのMedically(メディカリー)とは?

Medicallyはメドケア株式会社が提供する、生活習慣病や慢性疾患に特化した遠隔診療サービスです。

このMedicallyの特徴は、遠隔診療がある程度パッケージ化されてること。

遠隔診療だけでなく、ウェアラブルデバイスの貸与による健康管理、管理栄養士による栄養指導、食事内容や体重、血圧などをトータル管理してくれるという点です。

Medically

出典:Medically

貸与されるウェアラブルデバイスでは、運動量や脈拍数、睡眠量が確認できるとのこと。

流れとしてはこちら。

アプリダウンロード

初診

ウェアラブルデバイス

処方薬配送

遠隔診療

遠隔食事アドバイス

血液検査

クレジットカード決済

ちなみに食事のアドバイスも遠隔、血液検査も自分自身で簡単に採血ができる検査キットを自宅に送付してくれるとのことで、診療だけでなく、食事アドバイス、血液検査も遠隔でやるという非常に興味深いサービスです。

遠隔診療サービスMedicallyの料金体系は?

遠隔診療といっても、(自由診療ではなく)保険診療を受けるには初診は対面が原則となっています。

つまり、はじめから遠隔診療が受けられるわけではありません。

これは他の遠隔診療サービスも同じです。

そしてMedicallyの気になる料金体系はこちら。

自由診療プラン(サブスクリプションプラン)と保険診療プランがあります。

▼自由診療プラン

Medically

出典:Medically

▼保険診療プラン

Medically

出典:Medically

いずれにしても、サービス内容や料金に大きな違いはないとのこと。

健康保険組合が対応しているかで、どちらが選択されるか決まるようです。

どちらのプランが適応されるかは、加入されている健康保険組合にお問い合わせください。 どちらのプランでもサービス内容に変わりはなく、患者様の支払い総額もほぼ同額です。引用:Medically

生活習慣病だけど、通院が大変という方は利用してみてはいかがでしょうか?

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」