ドクター向け!処方せんが発行できるiPhoneアプリ「Rx-Writer」

「Rx-Writer」の画像

 

「Rx-Writer」の画像

 

こんちには、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

今回は、主にアメリカでサービス展開されているドクター向けのアプリ「Rx-Writer」を紹介します。

処方せん発行iPhoneアプリ「Rx-Writer」とは?

「Rx-Writer」とは、ドクターが患者・薬剤・薬局を指定することで処方せんを発行することができるアプリです。

具体的には、アプリ上で患者を登録し、薬剤と薬局を選択することで、薬局宛てににFAXで処方せんを発行できるというサービスです。

薬剤の登録はFDAのデータベースからリストになっているため、薬剤名を全部入力しなくてもキーワードを入れることで選択することができ、手書きよりも大幅に手間が省けます。

 

ドクターの負担軽減に

 

 

患者や薬局などを1度登録してしまえば、リストとして管理できるため、かかりつけの患者であれば操作の手間も少なく済みますし、アプリ上でどの患者がどの薬剤を服用しているかも確認できるというメリットがあります。

無料プランのほか、年間で199ドル支払うことで、登録患者数の制限がなくなり、FDAデータの自動更新機能などが付くプランもあるようです。

 

処方せん発行iPhoneアプリ「Rx-Writer」

 

PS.
アプリならではの手軽さから、病院のドクターというより開業医が手軽に導入できるサービスかな、というのが個人的な意見です。むしろ、服用薬を確認できるというのは非常に便利で、お薬手帳と連動すればおもしろいサービスになりそうです。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

自宅にいながら血液検査が受けられるサービス「スマホdeドック」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

まさに遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

日本でも遠隔診療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

持病を管理できるアプリ「TwineHealth」

関連記事

日記

便秘解消にオススメのアプリ「おなか日記」とは?

クスリバ

ドクター同士が相談できる遠隔医療支援サービス「クスリバ」

「Heart Rhythm(ハートリズム)」1

脳梗塞の発症リスクがわかるアプリ「Heart Rhythm(ハートリズム)」

「HealthPatch」の画像

貼るだけでバイタルチェックができるウェアラブルセンサー「HealthPatch」

「BabyWatch」の画像

胎児の心拍を視覚化するIoTデバイス「BabyWatch」

「karadafit(カラダフィット)」の画像

身につけるだけで睡眠も記録できる世界最小クラスの活動量計「karadafit(カ...