不整脈による突然死を回避するためのウェアラブル製品「着用型自動除細動器LifeVest」とは?

着用型自動除細動器 LifeVes

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

聞き馴染みのないワードだったので調べてみました!

着用型自動除細動器LifeVestについて!

そもそも自動除細動器?AED?とは?

今回調べたのは着用型“自動除細動器”ですが、自動除細動器と聞いて思い浮かぶのは、AED、体外式自動除細動器です。

AEDは、2004年から医療従事者ではない一般市民も使用できるようになって、たまにニュースなんかでも目にするようになりました。

着用型自動除細動器の前にまずは、AEDについて調べてみました。

AEDが電気ショックを与えるものというのは知ってましたが、その原因疾患の心室細動についてよく知らなかったのでこちらも調べました。

心室細動は、心臓がけいれんしてしまい、血液がうまく送れない状態。致死性不整脈のひとつということで、突然死の原因になります。

そんな心室細動の唯一の治療法が除細動器による電気ショック。

だからこそ、一般市民でも取り扱えるAEDが普及してるんですね。

不整脈による突然死を回避するためのウェアラブル製品「着用型自動除細動器LifeVest」とは?

では、本題に戻って”着用型”自動除細動器についてです。

AEDが”体外式”なので、”着用型”はAEDを着てるようなもんなのかなと単純にイメージしていましたが、画像を見るとまさにそんなイメージ!

着用型自動除細動器 LifeVes

出典 着用型自動除細動器 LifeVes

 

心室細動などによる心臓突然死のリスクがある患者さんが使用する”着用型”の自動除細動器で、着用している間に、患者さんの心電図を解析し、自動で不整脈を検出。

不整脈を検出した場合に自動で電気ショックを与えるというウェアラブル製品です。

もちろん普段着用するものなので、軽量で着用しやすい設計とのこと。

ちなみに不整脈を感知し、電気ショックを与える前にはアラームが鳴るので、意識がある場合は電気ショックを延期することもできます。

患者さんとしてのメリットだけでなく、医師としても、着用型自動除細動器 LifeVestのオンライン患者管理システムがあり管理しやすいというメリットがあります。

着用型自動除細動器 LifeVestから送信された患者データを表示できるオンライン患者管理システム「LifeVest Network」というもので、患者さんデータを閲覧、管理できるので、治療計画が立てやすくなるとのこと。

保険適応にもなっているので、突然死のリスクのある患者さんには使用される機会が増えていくかもしれません。

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが」、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」