赤ちゃんの言語発達のためのウェアラブルデバイス!赤ちゃんが聞く単語の数をカウントするアプリ「Starling」

「Starling」

 

「Starling」

「Starling」

 

「赤ちゃんは言葉を多く聞くほど、言葉を習得するのが早くなる?」

 

ぼく自身あまり意識していませんでしたが、ある調査では4歳までに聞いた単語の数がその後の脳の発達に大きな影響を与える、という結果が出ているようです。

さらに脳の成長の82%は3歳までに決まるという調査もあるようで、いかに赤ちゃんの頃から話しかけてあげるかが重要だということがわかってきているようです。

参考:https://www.versame.com/science/

 

とはいっても、意識して話しかけることはできても、それを客観的にカウントすることは困難です。

そこで今回は、そんな赤ちゃんの言語発達をサポートするウェアラブルデバイス「Starling」を紹介します。

 

赤ちゃんに話しかけた単語をカウントするウェアラブルデバイス「Starling」とは?

 

 

 

「Starling」は、専用のウェアラブルデバイスと連動することで赤ちゃんに話しかけた単語の数をカウントしてくれるアプリです。

星形のウェアラブルデバイスを赤ちゃんやベビーカーなどに付けておき、あとは普通に話しかけるだけで単語を認識して、カウントしてくれます。

カウントした数はアプリで確認できるほか、ウェアラブルデバイスでも色で確認できます。(後述)

ウェアラブルデバイス自体はおしゃぶりサイズで、星形をしているので着けていて違和感もなさそう。

赤ちゃんにぴったりです。

 

カウントできる言語は、英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語、ポーランド語、ヒンディー語、日本語、ドイツ語、ヘブライ語、などが対応しているとのこと。

充電式ですがバッテリーは4~5日間程度はもつようなので、頻繁に充電を気にする必要はなさそう。

赤ちゃんにつけるということもあり、素材は低アレルギー誘発性で赤ちゃんにも安心して使用できるようです。

 

毎日の単語の目標を設定する機能があるため、赤ちゃんに話しかける目安になり、それを客観的にチェックできます。

また、「Starling」の下部にあるボタンを押すことによって、毎日の目標の進捗状況を見ることができます。

ボタンを押した後、目標にしている数値によってウェアラブルデバイスのライトが4回点滅表示されます。

オレンジ4回:0%~24%

グリーン1回、オレンジ3回:25%~49%

グリーン2回、オレンジ2回:50%~74%

グリーン3回、オレンジ1回:75%~99%

グリーン4回:100%

 

赤ちゃんがいる家庭、これから出産予定の方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

Starling by VersaMe – Versame

製品情報:https://www.versame.com/

 

 

関連記事

GPS Punch!

熊本地震被災地支援アプリが公開!「GPS Punch!九州被災者支援システム」

「karadafit(カラダフィット)」の画像

身につけるだけで睡眠も記録できる世界最小クラスの活動量計「karadafit(カ...

指で血圧がわかる?スマホで健康管理!血圧測定アプリ「MOCA heart 」

「Kinsa」の画像

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

ava

アプリが障害の壁をなくす!聴覚障害者サポートアプリ「ava」が素晴らしい!

マスク

病院で「即見て」ほしい人のためのアプリ「ソクミテ」