まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

「Doctor On Demand」の画像

 

「Doctor On Demand」の画像 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

“遠隔診療”と聞くと、TV電話などを通じて、画面越しに診察を受けるとイメージする方も多いのではないでしょうか?

そんな遠隔診療サービスがアメリカではすでに開始されています。それが「Doctor On Demand」というアプリです。

遠隔診療サービス「Doctor On Demand」とは?

 

「Doctor On Demand」の画像 

 

「Doctor On Demand」は、アプリまたはWeb上でドクターの診察を受けることができるというサービスです。

診療科は4つに分かれており、医師、小児科医、授乳コンサルタント、メンタルヘルスケア(心理学者)の中から、診察を受けたいものを選択します。

そして、TV電話のようなかたちで、スマートフォン、タブレット、PCなどの画面越しにお互いの顔を見ながら診察を受けることができます。(必要であれば、薬の処方も可能なようです)

「Doctor On Demand」遠隔診療サービスの価格は40ドル~95ドル49ドル~

※2016年9月26日追記
価格が改訂されていますので最新の価格「Doctor On Demand」のサイトでご確認ください。

「Doctor On Demand」の画像 

価格は診療科によって異なり、医師、小児科医では40ドル49ドルと設定されています。

 

 

メンタルヘルスケア(心理学者)、授乳コンサルタント時間によって価格が決まっています。

「Doctor On Demand」

 

メンタルヘルスケア(心理学者)では、25分50ドル79ドル、50分95ドル119ドル

精神科は初診時229ドル、その後99ドル

 

「Doctor On Demand」の画像

授乳コンサルタントでは、

25分40ドル

50分70ドル

 

 

以上のように設定されています。

病院に足を運ぶだけでも、患者さんとしては負担になりますし、何より待合室で待つのも大変だと思います。

このサービスでそういった負担を減らすことができるのではないでしょうか?

また、子育てなどで現場を離れているドクターの活用にも繋がるかもしれません。国内でも同様のサービスができることを期待しています。

 

オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

 

 

2016年2月29日追記

期待していたように日本でも遠隔医療サービスが増えてきました!

詳しくはこちらをどうぞ。

国内・海外の遠隔診療アプリ7選

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

日本でも遠隔医療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」