【IoT×サポーター】自宅で膝のリハビリができるウェアラブルサポーター「CyMedica」

CyMedica

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

サポーターがIoT化することで、自宅でのリハビリがスピードアップ!

こんな気になるウェアラブルサポーターを発見しました!

整形外科クリニックなどで実施してる筋肉への電気刺激がサポーターで実施できるため自宅で手軽にリハビリができるというもの。

さらに専用のサポーターによって膝の可動域もアプリで調整できる!

 

サポーターがIoT化!膝前十字靭帯損傷や人工膝関節形成術後のリハビリができるウェアラブルサポーター「CyMedica」とは?

アプリと連動するウェアラブルサポーター「CyMedica」について調べてみたところ、ACL(膝前十字靭帯)損傷の患者さんの手術後のリハビリで活用できるようです!

▲この可動域制限付きのサポーターとして使える!(日本では対応してないようですが…)

ACL(膝前十字靭帯)損傷患者さんの手術後にはサポーターでの固定、その後、可動域制限付きのサポーターを使用となってますが、ここでウェアラブルサポーター「CyMedica」が使えるようです!

CyMedica

出典 CyMedica

専用のサポーターとアプリが連動することによって可動域が調整できますし、その情報は医師などの医療従事者と共有できる。

アメリカでは、これが医療費削減(コストダウン)への貢献とリハビリの効率化に繋がるとのことで米国食品医薬品局(FDA)で承認されています。

テクノロジーの力で医療における効果が認められてるってことですね!

日本ではあんまりこういう話題は見ないよな…

さらに人工膝関節形成術(TKA)のリハビリでも活用されるようです。

人工膝関節形成術後のリハビリテーション
膝のリハビリテーションにて重要なのは、膝の筋力とくに大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)訓練と膝を曲げる練習です。
1. 膝関節の手術後は早くから曲げ伸ばしの訓練を行います。動かさないでいるとすぐに膝が硬くなってしまいます。
はじめは曲げる器械を使って、持続的に、ゆっくり、膝の曲げ伸ばしを行う訓練を行います。
引用:NTT東日本札幌病院

▲人工膝関節形成術(TKA)後は膝が硬くなってしまうとのことで、リハビリで膝の曲げ伸ばしが必要。

CyMedica

出典 CyMedica

膝の曲げ伸ばしで、ウェアラブルサポーター「CyMedica」が役に立つようです。

ちなみに日本のApple Storeで取り扱ってないようです。残念…

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが」、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」