クラウドファンディングに参加してIoT体温計「Wishbone」を使ってみた

体温計測アプリ「Wishbone」

前から気になっていたクラウドファンディングに初めて参加しました!

参加したプロジェクトで体温計測アプリ「Wishbone」をゲットしました!

クラウドファンディングで製品化したIoT体温計「Wishbone」とは?

IoT体温計「Wishbone」は、Kickstarterというクラウドファンディングサイトで資金を募集していました。

※すでにプロジェクトは終了しています。

簡単に紹介すると、スマホと連動することで体温が測れるというIoT体温計です。

Y字型のデバイスをスマホに接続してアプリで体温や、気温、液体の温度が測れます。

▼詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

クラウドファンディングで製品は本当に届くのか?

正直、本当に商品が届くか不安でした…

クラウドファンディングに初めて参加したということもあって、待っている間はだまされてるんじゃないか?とかも考えたりしましたが、無事、届きました!

写真はこちら▼

「Wishbone」

 

▼思ったよりコンパクトな箱で、中身はこんな感じです。

「Wishbone」 「Wishbone」

 

ちなみに外箱も説明書も全部英語で記載されていました。

唯一の救いは、アプリは日本語に対応していたことです。

早速アプリをインストールしました。

アンドロイドなので、こちらのアプリです。

 

「Wishbone」

 

いざ、アプリを立ち上げると、まずは説明の画面が3ページ。

 

「Wishbone」 「Wishbone」 「Wishbone」

 

体温と気温と温度が計測できるという説明です。

アプリを起動した状態で、スマホに届いたY字のセンサーを接続させます。

「Wishbone」

Y字になっている理由は、自分でも画面を見て計測できるようです。

たしかに、実際に自分のおでこに近づけても画面はしっかり見えるので、ボタンも押せます。

そうやって体温を計測してみると、ボタンを押して…本当に2秒ぐらいで計測できました!

 

「Wishbone」

使ってみるとすごく便利です。

たぶん、もう普通の体温計には戻れません。

IoT体温計アプリで家族の体温をまとめて管理

さらに、ユーザー登録ができるので、家族の体温をまとめて管理できます。

 

「Wishbone」 「Wishbone」 「Wishbone」

しかも、計測した体温はそれぞれ時系列で確認できます。

赤ちゃんの体温なんかこれさえあれば、ノートにわざわざ書く必要ないですね。

IoT体温計で液体の温度・気温・ペットの体温も計測できる!

さらに、すごいのは体温だけでなく、液体の温度・気温・ペットの体温も計測できるという点です!

 

「Wishbone」

 

それぞれ何を計測したいか選んで、ボタンを押すだけです。

 

「Wishbone」 「Wishbone」

 

すごいですよね。

 

液体の温度については、測るものに合わせて設定ができます。

特に赤ちゃんのミルクを作るときに便利そうです。

 

「Wishbone」

 

やっぱりデジタルの力は偉大ですね。

ということで、はじめてクラウドファンディングに参加した商品は大正解でした。

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」