IoTデバイス(聴診器・体温計)で体調管理するアプリ「CliniCloud」

「CliniCloud」の画像

 

「CliniCloud」の画像

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

今まで自宅で簡単に体調チェックできるものとして、スマートフォンと連動する聴診器や体温計などを紹介してきました。

「エリアの健康情報」がわかる体温計!「Kinsa」

 

一家に一台聴診器の時代がくる?健康管理ができる聴診器「Stethee」

 

今回は、スマートフォンと連動した聴診器と体温計「CliniCloud」というアプリを紹介します。

スマホと連動した聴診器・体温計「CliniCloud」とは?

 

「CliniCloud」の画像

 

「CliniCloud」は、専用のデジタル聴診器と非接触で測れる体温計がセットになったアプリです。

アプリを起動し専用の非接触体温計で熱を測ることで、そのデータがアプリに蓄積されていきます。
専用の聴診器では、心音や呼吸音を聴き取ることで、喘息なのか肺炎の咳なのかなどをアプリが診断してくれるというものです。

また、体温データや、聴診器で聞き取ったものはクラウドで管理され、ドクターに送ることもできます。
このアプリによって、病院に受診すべきかどうかの判断材料になりますし、後述しますが、遠隔医療サービスとも連携しているため、自宅にいながら診察を受けることもできます。

「CliniCloud」の画像

 

体温計はコードレスで、聴診器はスマートフォンと接続して使うようになっています。
聴診器というと自分で使えるのかという不安もありますが、アプリで聴診器をつける場所などの説明もあるので問題なく使えそうです。

 

遠隔医療サービスと連携

 

 「Doctor On Demand」の画像

 

前述した通りこのアプリは、以前紹介した遠隔医療サービス「Doctor On Demand」と連携しているため、自宅にいながら診察を受けることができます。

(Doctor On Demandとは、アメリカでのサービスでTV電話のようなかたちで、スマートフォン、タブレット、PCなどの画面越しにドクターの診察を受けられるという医遠隔医療サービス。直接病院に行かなくても診察を受けることができる)

遠隔医療サービスである「Doctor On Demand」と家庭で使える聴診器・体温計の「CliniCloud」が連携することで、遠隔医療の幅が広がり、より正確な診断に繋がることが期待されます。

自宅で診断→TV電話で受診→医療機関へ受診

という流れは、将来のひとつの形になるかもしれません。

 

スマホと連動した聴診器・体温計で体調管理するアプリ「CliniCloud」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるデバイス「Thermo」

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

貼るだけで体温をモニターできるアプリ「TempTraq」

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

一家に一台聴診器の時代がくる?健康管理ができるIoT聴診器「Stethee」

関連記事

「頭痛ろぐ」の画像

偏頭痛持ちの方は必見!偏頭痛の誘因が把握できるアプリ「頭痛ろぐ」

「Owlet」の画像

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

「AmpStrip」の画像

胸に貼るだけで24時間活動量を計測できるウェアラブルセンサー「AmpStrip」

「メタボウォッチ」

iPhoneでメタボをチェック!早稲田大学が開発したメタボリックシンドローム臨床...

「ウェアラブル女子力アップブラ」の画像

ブラジャーがスマホと連動!「ウェアラブル女子力アップブラ」

Quell

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」