医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」

小児救急支援アプリ

 

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

今回は大阪市大阪府で運用されている「小児救急支援アプリ」 を紹介します。

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」とは?

このアプリは、お子さんが体調を崩した際に、受診すべきかを判断してくれるアプリです。

年齢や症状を選択していくと、「救急車を呼ぶべきか?」「救急相談すべきか?」「医療機関を受診すべきか?」の3段階でアプリが対応を判断してくるというもの。

また、受診する際は、アプリが大阪市内大阪府内の医療機関を紹介してくれ、ワンタッチで電話ができるようになっています。

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

このアプリは大阪市内のみですが、各自治体で同じような取り組みが行われればいいですよね。

※2016年9月20日追記 大阪府全域で利用できるようになっています。

 

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」