睡眠時無呼吸症候群のためのウェアラブルデバイス「Airing」

「Airing」の画像

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

自分だけでなく、周りの人のいびきでお悩みの方はいませんか?

そんな方に睡眠時無呼吸症候群治療の画期的なウェアラブルデバイス「Airing」を紹介します。

睡眠時無呼吸症候群のためのウェアラブルデバイス「Airing」とは?

 

「Airing」の画像

 

「Airing」は、睡眠時無呼吸症候群の治療のための小型のウェアラブルデバイスです。

詳しい紹介の前に、睡眠時無呼吸症候群について調べてみました。

 

文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。
無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)net

 

睡眠時無呼吸症候群とは、このような疾患で治療法としてはCPAPというものがあるとのことです。

ちなみにCPAP(シーパップ)についても引用します。

CPAPとは、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかける方法です。
Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとってCPAP(シーパップ)と呼ばれ、いまや睡眠時無呼吸症候群(SAS)のもっとも重要な治療法となっています。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)net

ということですが、従来のCPAPには、問題点もあります。

それは、マスクが大きく、コードやホースが付いているため、下手に寝返りもうてないということです。

実際、CPAPの50%の方は1年以内にその治療をやめているともいわれているようです。

 

「Airing」の画像

そんな問題点をこの「Airing」は解決してくれそうです。

 

「Airing」の画像

 

というのも「Airing」は、非常にコンパクトなだけではなく、従来のCPAPで問題となっていたホースやコードがついていない、ということが特徴となっています。

電池も8時間程度持つので、鼻に入れて寝るだけでOKです。

また、使い捨てのため衛生的だというメリットもあります。

睡眠時無呼吸症候群の方は、この「Airing」で快適な睡眠を実現できるかもしれません。

「Airing」の詳細はこちらからご覧ください。

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」