心電図が測れるiPhoneアプリ「smartECG」

「smartECG」の画像

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

ここ数年の間に、さまざまな医療関連のアプリが出てきていますが、ドクターが使うにあたって非常に実用的なアプリが「smartECG」です。

心電図が測れるiPhoneアプリ「smartECG」とは?

 

「smartECG」の画像 

「smartECG」は専用の心電アンプ、心電誘導コードなどをiPhone・iPadに接続することで心電図を計測できるというアプリです。

iPhoneかiPadを持っていれば、アプリをインストールして、専用の心電アンプ、心電誘導コードを購入することで使うことができます。

データの記録時間は10秒間、20秒間、30秒間、60秒間から選択が可能で、連続使用時間は、波形の信号を送り続けた状態で約4時間(心電アンプに単三電池2本を使用)。

表示画面は縦横どちらも対応しているため、見やすい画面で表示させることが可能で、計測した心電図を印刷することもできます。

 

「smartECG」の画像

 

心電図アプリ「smartECG」のデータはクラウドで共有

 

「smartECG」の画像

 

心電データはクラウドでバックアップをとるため、スマートフォンで計測したものと、パソコンと共有することもできるようです。

そのため、特に在宅医療や遠隔医療の分野で活用が期待できます。

さらに、このアプリには、心電図解析機能もついているため、診断もしやすくなっているとのこと。

もちろん保険請求も可能とのことなので、今後広まっていく可能性が大きいアプリです。

電図が測れるiPhoneアプリ「smartECG」

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」