糖尿病・生活習慣病の方にオススメのアプリ「Welbyマイカルテ」

Welby

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

今回は糖尿病・生活習慣病の患者さん向けのアプリ「Welbyマイカルテ」を紹介します。

「Welbyマイカルテ」は、アプリ名にもなっている通り「Welby」が提供しているアプリです。

「Welby」といえば、以前、製薬会社が提供する統合失調症患者さん向けアプリ「こころケア」がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」などでも紹介しましたが、製薬会社などと積極的に協力してサービスを提供している会社です。

【参考】welby-事業案内
Welby(ウェルビー)は、事業ミッションとして“Empower the Patients”をかがげております。
昨今の医療を取り巻く環境や、市民の意識の変化を受け止めて、「患者・家族が自己管理をする」ツールを医療者が後押しすることで、患者の治療や重症化予防の一助に少しでもなればとの思いでスタートしました。
Welby(ウェルビー)は、患者、医師をはじめとする医療関係者、医療業界を取り巻くプレーヤー(製薬メーカー、機器メーカー、自治体等)の方々とともに共同でサービスの開発・運営を行っております。

【関連】

 

糖尿病・生活習慣病向けアプリ「Welbyマイカルテ」とは?

「Welbyマイカルテ」は、糖尿病や生活習慣病の患者さんの自己管理をサポートするアプリです。

血糖値・血圧・体重などの検査値や食事・運動・くすりなどの記録が簡単にできるのがポイントで、提携する測定機器と連携すれば、自動的にデータが収集されるので、記録する手間が省けます。

さらに、「Welbyマイカルテ」を導入している医療機関とデータを共有することもできるので、受診の際にも役立つというアプリです。

Welby

「Welbyマイカルテ」はこんな方にオススメ

糖尿病や生活習慣病の方でこんな不安をお持ちの方はいませんか?

  • 自己管理が続かない
  • 忙しい
  • 食事管理が大変
  • 血糖値コントロールができているかわからない
  • 体重管理ができない
  • 生活改善をしたいけどなかなかできない

こんな不安を解消できるのが「Welbyマイカルテ」です。

「Welbyマイカルテ」では…

簡単に記録できるだけでなく、家族からの応援やドクターからのアドバイスがもらえるのでモチベーションが続きます。

また、医療機関とのデータ共有もできるのでドクターに記録をわかりやすく見てもらえますし、管理栄養士さんとの食事指導もスムーズにできます。

さらに、クラウドに記録が保管されているので、記録をなくすことなくタブレットやパソコンから見ることができます。

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

「Welbyマイカルテ」

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

iPhoneでメタボをチェック!早稲田大学が開発したメタボリックシンドローム臨床研究アプリ「メタボウォッチ」

製薬会社が提供する統合失調症患者さん向けアプリ「こころケア」

東京大学が糖尿病向けアプリをリリース!糖尿病臨床研究アプリ「GlucoNote(グルコノート)」

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用iPhoneアプリ「ロコモニター」

がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

糖尿病患者サポートアプリ「わたしケア」

糖尿病患者さんのための血糖値管理アプリ「ライフパレット ダイアベティス」

糖尿病治療をサポート!糖尿病管理アプリ 「Dario」

スマホで健康管理!血圧測定できるアプリ「MOCA heart」

糖尿病管理アプリ「Diabeto」

血糖値対策ができる健康茶

血糖値対策サプリ「グラシトール」を徹底評価

血糖値対策サプリ「アラプラス糖ダウン」 の徹底評価

血糖値対策サプリ「サラシア100」(小林製薬)の徹底評価

血糖値対策サプリ「白井田七(田七人参)」の徹底評価

サラシアプラスの効果とは?毎日健康に暮らすための工夫

 

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒

関連記事

pzizz

40万人以上が評価した!音楽を聴くだけで不眠が解決できるアプリ?「pzizz」

「Smart Connect」5

アプリで揺らすことができるIoTゆりかご「Smart Connect」

「Baby Glgl」の画像

哺乳瓶の適切な傾きがわかるアプリ「Baby Glgl」

体臭が気になる方必見!「臭いが見える」アプリ「Kunkun Body」(クンクン...

Q助

救急車を呼ぶ前に救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」を使おう

パパninaru

男性向けの妊活アプリ「パパninaru」で妻の妊活・妊娠をサポートしよう!