アトピーで困っている人の悩みを解決するSNSアプリ「untickle」

untickle

 

皮膚疾患関連のアプリとして「ヒフミル君」肌トラブルを解決できるアプリ「Oku」などを紹介してきましたが、今回はアトピー対策に特化したSNSアプリ「untickle」を紹介します。

 

 

 

ぼく自身はアトピーではありませんが、知人にアトピーの人がいるので気になるアプリです。

あなたの周りにもアトピーの方はいらっしゃいませんか?

そういった方に役立つアプリなので是非、教えてあげて下さい。

 

 

アトピー対策SNSアプリ「untickle」とは?

 

アトピー対策SNSアプリ「untickle」について、Webサイトにはこのように書いてありました。

 

untickle(アンティクル)は、アトピーの人の為の、部位・症状別アトピー対策SNSです。

untickleとは?

 

具体的には、アトピーの人が自分の経験から効果的だった対策を投稿して、同じような悩みを持っている人の対策に繋げられるようにするというアプリ。

 

使い方は、自分のアトピーの部位と症状を選択するだけ。

 

「untickle」

 

 

部位と症状を選択して検索することで、投稿されている対策情報を見ることができ、保存もできます。

さらに自分が投稿することもできるので、もし効果的な対策があれば他の方の役に立つこともできるという仕組みです。

 

 

「untickle」の想いとは?

 

また、untickleではコラムも行っており、コラムでは下記のことを中心に発信しているとのこと

– 「untickleの日々の活動」
– 「アプリのアップデート情報」
– 「ネットではなかなか見つからない具体的なアトピー対策」

untickleコラム

 

ちなみにコラムのライターは全員アトピーの方のようです。

アプリの開発者でもある野村さん自身もアトピーで、3度の寝たきり生活という大変な経験してきたようです。

 

彼女自身も、インターネットでアトピー対策など検索していたようですが、自分にあった最適な情報を見つけられないという経験があり、「全てのアトピー情報を整理する」という思いで、会社を立ち上げたとのこと。

そういった思いを持ち、その人にあったアトピー対策を簡単に見つけられるようにするためにアプリをリリースしたようです。

こういった根底にある想いって非常に重要ですよね。

ゴールデンサークルを思い出しました。

まさにゴールデンサークルのWhyの部分。

※参照 WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う

 

アトピーの方は是非、ご覧ください。

 

 

関連記事

The Shock Clock

早起きが苦手な人に!電気ショック付きアラームアプリ「The Shock Cloc...

Q助

救急車を呼ぶ前に救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」を使おう

「Airing」の画像

睡眠時無呼吸症候群のためのウェアラブルデバイス「Airing」

ぜんそくログ

iPhoneでぜんそくを管理!順天堂大学が開発したぜんそくの臨床研究アプリ「ぜん...

「Doctor On Demand」の画像

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

ヒフミル君

医師サポート遠隔医療アプリ「ヒフミル君」