自宅での服薬管理に!飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」

「Lumma」
「Lumma」

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

内閣府の資料によると総人口に占める高齢者の割合が25.1%と今や、4人に1人が65歳以上の高齢者という時代になっています。

高齢になるにつれ何かしら体の不調も出て、それに伴い服用薬も増えてきます。しかし、服用薬が多いほど飲み忘れの心配もあります。

今回は、そんな服用薬の飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」を紹介します。

IoT薬箱「Lumma」とは?

 

「Lumma」は、アプリと連動することで薬の飲み忘れを防いでくれる薬箱型のデバイスです。

服用薬について、事前に服用時間や回数、錠数などをデバイスに入力し、通知方法(アラームやメールなど)を設定することで服用時間を知らせてくれ、飲み忘れを防ぐというデバイスです。

 

「Lumma」

 

設定した時間になると、デバイスに事前に入れていた薬剤を1回量出してくれるため、飲み間違いなども防ぐことができます。

デバイスは、6種類の薬剤を3か月間保持できるものと、12種類の薬剤を3か月間保持できるもの、の2種類があるようです。

他にも服薬状況を共有できるため、遠方で暮らす家族の見守りにも役に立つデバイスです。

高齢化や核家族化が進む中で、今後よりニーズが高まってくるかもしれません。

 

IoT薬箱「Lumma」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

自宅にいながら血液検査が受けられるサービス「スマホdeドック」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

まさに遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

日本でも遠隔診療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

持病を管理できるアプリ「TwineHealth」

関連記事

archelis(アルケリス)

手術時の医師の負担軽減に期待!ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)...

留守中の部屋が気になる方へフクロウ型IoT監視カメラ「Ulo」

Iot

「IoT」の読み方・意味とは…「Internet of Things(モノのイン...

「CLINICS(クリニクス)」

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

「Reme(リミー)」

匿名質問でも回答率100%!臨床心理士など心の専門家に質問できるサービス「Rem...

「MeeDoc」の画像

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」