靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

「Owlet」の画像

 

「Owlet」の画像 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

赤ちゃん関連のアプリをいくつか紹介してきましたが、今回は靴下で赤ちゃんをモニターできるアプリ「Owlet」を紹介します。

赤ちゃんをモニターする靴下「Owlet」とは?

 

 

「Owlet」は、靴下型のセンサーとスマホが連動して赤ちゃんの心拍数・酸素濃度が管理ができるアプリです。 

専用の靴下にセンサーが入っており、それを赤ちゃんに履かせることで、心拍数や酸素濃度を計測し、アプリでモニターすることができます。
つまり、睡眠中の赤ちゃんに専用靴下を履かせておくことで、異常がないかアプリでチェックすることができるということです。

 

靴下型のセンサーで赤ちゃんをモニター、異常があればアプリにアラームが!

 

 「Owlet」の画像

 

靴下型のセンサーで心拍数などをモニターし、心拍数と酸素濃度が基準外だとアプリに警告が通知されます。そのため、両親の子育て中のストレス軽減に寄与できるかもしれません。

対象は生後0~12ヶ月とのことですが、靴下のサイズが合えばそれ以上でも使うことができるようです。
現在、サイズはひとつですが、大きさに合わせて調整ができるようになっています。
(今後はいくつかサイズを出す予定のようです)

また、センサーと靴下は、分けて洗濯可能なので、汚れた場合なども安心です。
睡眠中に赤ちゃんに履かせておくことで、両親も安心して寝ることができるようになればいいですね。

※2016年4月3日追記
現在サイズは3種類です。

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

育児中の方必見!子どもの睡眠をモニタリングできるアプリ「hugOne」

小児科医推奨!赤ちゃんの受診時に便利なアプリ「育ログWM」

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

赤ちゃんの睡眠状態がわかるウェアラブルデバイス「Sproutling」

スマホと連動するIoTおしゃぶり「Pacifi」

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒

関連記事

「Propeller Health」

喘息用吸入器と連動して症状を管理するアプリ「asthmapolis」(Prope...

「Doctors Me」

スマホでドクターに匿名相談できる遠隔医療アプリ「Doctors Me」

「スマホdeドック」

自宅にいながら血液検査が受けられる遠隔医療サービス「スマホdeドック」

「Kito」の画像

iPhoneケースでバイタルチェックできるアプリ「Kito」

「beddit スリープモニター」

IoTセンサーで睡眠状態を計測するアプリ「beddit スリープモニター」

「First Opinion」の画像

iPhoneで遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」