治療管理のプラットフォーム遠隔医療アプリ「TwineHealth」

「TwineHealth」の画像

「TwineHealth」の画像

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

高血圧や糖尿病など慢性疾患の方、定期的に病院に通うのは大変ですよね。
「TwineHealth」というアプリによって、その手間が省けるようになるかもしれません。

 

持病を管理できる遠隔医療アプリ「TwineHealth」とは?

 

「TwineHealth」の画像

 

「TwineHealth」は、高血圧、糖尿病などの慢性疾患について治療計画を作成し、患者さんとドクターが共有できる遠隔医療アプリです。
治療計画を作成すると、日々行うことが、チェックリストとしてアプリに表示されます。
患者さんはチェックリストに従うことで治療計画を進めることができ、ドクターは計画の進行状況について患者さんごとに確認することができます。

メッセージのやりとりもできる

 

「TwineHealth」の画像

 

アプリ上で治療計画の進捗を確認できるので、患者さんはわざわざ病院に行く手間が省けますが、アプリでの管理だとしっかり実施しているか不安になると思います。
そのため、サポート体制としてドクター、看護師、薬剤師などと、チャット形式でメッセージのやり取りができるようになっています。
不安があれば、患者さんからメッセージを送ることができますし、チェックリストの漏れなどをドクターが指摘することもできます。
このように自宅にいながら、ドクターとやりとりができるのは魅力的ですよね。

慢性疾患であればこのアプリによって、よりよい管理ができるようになるかもしれません。
受診数が減るだけでなく、疾患管理がうまくいけば、医療費削減に繋がる可能性もあります。

病院に行くのが億劫な方、交通の便が悪く通院が大変だという方などには役立つアプリだと思います!
是非、日本でも普及してほしいですね!

 

持病を管理できる遠隔医療アプリ「TwineHealth」

 

「TwineHealth」iPhoneアプリ

「TwineHealth」Androidアプリ

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

タニタ提供健康管理アプリ「ヘルスプラネット」

スマホで健康管理!血圧測定できるアプリ「MOCA heart」

糖尿病治療をサポート!糖尿病トータル管理アプリ 「Dario」

関連記事

疑問

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

「SMRT MOUTH」

脱水症状を防げるマウスピース型ウェアラブルデバイス「SMRT MOUTH」

「Embrace」の画像

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」

「VeinViewer」

注射の失敗がなくなる!?画期的なデバイス「VeinViewer」

まごチャンネル

孫の成長をテレビを通して手軽に見ることができるサービス「まごチャンネル」

「Airing」の画像

睡眠時無呼吸症候群のためのウェアラブルデバイス「Airing」