Amazon Echo持ってるのにGoogle Home miniも買ってみた!そして画面がついてるやつ(Echo Spot)が欲しい!

echo spot

発売当初にAmazon Echoを購入して、早1年…今やすっかり生活の一部になってます。

実際の使う用途は…

  • ラジオ
  • 音楽
  • 天気
  • ニュース
  • タイマー

といったところ。

そんななか今回Google Homeも購入することを決めました。

単純にガジェット好きとして、気になっていたということと、

単身赴任なので二台持ちもありだった。という理由からです。

要するに…

自宅→Google Home

単身赴任先→Amazon Echo

という状態。

Google HomeはAmazonでは買えない?

Amazonプライム会員といこともあり、すっかりAmazonのヘビーユーザーになっているのでAmazonでGoogle Homeを探すという暴挙に出ましたが、さすがにAmazonにGoogle Homeはなかった…

かろうじてGoogle Home関連グッズがあるぐらい。

ということで、普段は使わない楽天を利用。

なぜか1,000ポイント貯まってたのでここぞと言わんばかりに全部使って約5,000円でGoogle Home miniをゲット!

Amazon EchoがあるのになぜGoogle Homeを買ったのか?

そもそもAmazon EchoがあるのになぜGoogle Homeを買ったのか?

というと…「自宅をスマートホーム化したかったから」です。

Amazon Echoは単身赴任先で使っていましたが、自宅にはAIスピーカーがありませんでした。

ただどうしても自宅をスマートホーム化したかったので、せっかくならGoogle Homeも使ってみようと思い購入しました。

自宅をスマートホーム化した詳細はこちらの記事で書いてます。

Amazon EchoとGoogle Homeどっちがいい?

単身赴任先でAmazon Echo

自宅でGoogle Home

という使い方をして半年ぐらい経ちます。

今のところどちらも不自由はありませんが、Google Homeの方がなんとなく会話がスムーズな気がします。

微妙な感覚なので、正直、違いはあまり感じません。

Google Homeは、音楽はSpotifyだから邦楽は豊富。

Amazon EchoはAmazon musicで洋楽が多い。

Google Homeは、物理的なボタンがわかりにくいので、音の上げ下げはしにくい…

などなど細かい違いはあるものの、大きな差はなし!

というのが今のところの結論です。

その大きな要因として、使えるスキル(アプリのようなもの)がまだ実用的でないということがあります。

音声のみでできることには、やはり限界がありますね…

例えば、

ニュースぐらいなら、音声のみで十分ですが、乗り換え案内、週間天気、出前、なんかはやはり画像がないとなかなか頭に入ってこない。

…なんて考えていたら、出ました。

Amazon Echo Spot (エコースポット)

スマートスピーカーの画面付き!

もし、Amazon EchoもGoogle Homeも持っていなければ、真っ先に購入していたであろう商品。

いや、このふたつを使ったからこそ画面の必要性を改めて感じて欲しくなってるのかも。

Amazonに踊らされてる感は否めませんが、たぶん購入します…

その時はまたレビュー記事で紹介したいと思います。

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」