今年(2017年)も「ほぼ日手帳weeks」でビジネスもプライベートも管理!

手帳、文房具へのこだわりは強く、いろいろと試行錯誤後していますが、手帳に関してはここ6年ぐらいはほぼ日手帳のweeksで落ち着いています。

で、2017年も2016年同様ほぼ日手帳weeksでビジネスもプライベートも管理していこうと決意しました!

手帳を見てるとなぜかワクワクするので、TSUTAYAやloft、近所の本屋さんで手帳コーナーを目にするだけで、楽しくなり、いろんな手帳を手に取っては、ニヤついていました。

なんであんなに楽しくワクワクするのかなぞ…

ジブン手帳やKOKUYOのキャンパスダイアリーに心を惹かれ、いつ手を出してもおかしくなかったんですが、なんとか今年もほぼ日手帳一筋で済みそうです。

▼参考「ジブン手帳」

2017年ほぼ日手帳weeksの変更点

ほぼ日手帳weeksは6年ぐらい前から使っていて、コンパクトでありながら、ビジネスもプライベートも一括管理できる最強の手帳です。

詳しくは別記事でまとめる予定。

そんなほぼ日手帳weeksですが、昨年(2016年)と比べて2017年は若干の変更点があったのでレビューしたいと思います。

といってもそんなに大きな変更はなかったので、まずはこちらから…

▲ほぼ日手帳weeksの変更点ではないのですが、ほぼ日手帳を購入するとこんなものが入っています。取説的なモノ。

これをパラパラ見るだけでもワクワクしますね。このほぼ日手帳をどう使い倒そうか…想像するだけで楽しいですよね?

ちなみに一昨年ぐらいまでは、ほぼ日手帳weeksのブラックを購入していたんですが、去年(2016年)からなんとなくホワイトにしています。カバーかけちゃうんで中の色を見ることないんですけどね。本当に気分的なもの。

▲今年(2017年)もホワイトを購入

 

ほぼ日手帳weeksふたつの変更点

話がそれましたが、ほぼ日手帳weeks2017年の変更点をレビューしていきます。

といっても、ふたつぐらいしかありませんでした。あんまり大々的に変えられても困りますが、これぐらいの変更であれば問題ナシ。

変更点の一つ目がこちら!

▼ビフォー(2016年)

▼アフター(2017年)

わかりますかね?わかりにくいですよね。

正解は、祝日の名前の表記が大きくなった!です。

去年(2016年)はマンスリーの日付の枠の上の方に小さく何の祝日か表示されていて、今年(2017年)は表示が大きくなりました。

正直、だからなに?と言われたら何にも言えませんが…強いて言うなら…これで何の祝日かを噛みしめて休むことができますね…

続いての変更点はこちら

▼ビフォー(2016年)

▼アフター(2017年)

わかりましたでしょうか?

これもわかりにくいのですが、ウイークリーに「週の言葉」がありますが、書いてある場所が変更されてました。

右側から左側になってます。

これもあれですが…こんな変更があったよってことで…

※逆でした左側に書いてあるのが2017年です。

ということで手帳を買った喜びと勢いでレビューしてみましたが、大した意味はありません。

そろそろ手帳カバーを新しくしたい!新しくしたらそんな記事も書く予定です。

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」