スマートフォンと電子タバコが一体になったIoTデバイス「Jupiter」

「Jupiter」

 

「Jupiter」

 

国内でも禁煙が広まり、喫煙者には肩身が狭くなってきてますね。

ぼくの会社でも、喫煙者はかなり減りましたし、禁煙に成功した、という話を聞くことが増えました。

そんな背景もあり、電子タバコも注目されていますね。

今回は、そんな電子タバコがスマートフォンと一体となったIoTデバイスを紹介します。

電子タバコになるスマートフォン「Jupiter」とは?

 

スマートフォンが電子タバコになるなんて、信じられませんが、そんなデバイスが実際に発売されています。

それが「Jupiter」というIoTデバイス。

 

「Jupiter」

 

「Jupiter」は、スマートフォンでありながら、電子タバコにもなるというIoTデバイスで、なんとも斬新なアイディアで、持ち歩くには便利そう。

一見普通のスマートフォンのようですが、電子タバコが上部に内蔵されていて、好きなタイミングで吸うことができます。

電子タバコはバッテリー式になっていて、スマートフォンを充電すれば、電子タバコのバッテリーも充電されるようです。

 

「Jupiter」

専用のストローのようなものを使えば、電話やメール、スマートフォンの画面を見ながら、電子タバコを吸うこともできます。

気になる方は是非、チェックしてみてください。

 

「Jupiter」

 

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」