飲酒運転防止にも使える?アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」

「DrinkMate」

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

誰でも、お酒による失敗話や笑い話などを、聞いたことがあると思います。もしくは自分自身が失敗したことがある方もいるかもしれません。

特にお酒の飲み過ぎによる失敗というのは怖いですよね。自分は覚えてなくても周囲に迷惑をかけているということも…

今回は、そんなお酒による失敗をなくして、お酒を楽しむためのIoTデバイス「DrinkMate」を紹介します。

 

飲酒運転防止にも使える?アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」とは?

 

「DrinkMate」の画像

 

「DrinkMate」は、スマートフォンに接続しアプリと連動することで、呼気中のアルコール濃度を計測してくれるというIoTデバイスです。

使い方は非常に簡単でデバイスをスマートフォンに接続し、アプリを起動し息を吹きかけるだけです。
市販されているアルコールチェッカーとほぼ同様の使い方で呼気中のアルコールを測ることができます。

このデバイスは非常にコンパクトで16mm×48mmという大きさ。
大体USBメモリーと同じような大きさです。

 

「DrinkMate」の画像

 

 

さらに電池や充電などは必要なく、スマートフォンに接続するだけOKというのも嬉しいポイント。

アルコール濃度を測るだけでなく、そのデータを共有できるというのもIoTデバイスならではのポイントです。
…というのも開発者としては、お酒の席で互いにアルコール濃度を測ることで、飲み過ぎによる失敗を減らしたいという想いから開発したようです。

すでにKickstarterで資金調達完了しています。
価格はiPhone版、Android版ともに34.99ドルです。(2016年9月10日現在)
ご興味のある方は、試してみてはいかがでしょうか?

アルコールチェッカーアプリ「DrinkMate」の詳細はこちらからどうぞ


 

「DrinkMate」のKickstarter詳細はこちらから

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」