iPhoneで網膜画像診断が可能に!眼検査ができる遠隔医療アプリ「iExaminer」

「iExaminer」の画像

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

最近、医療分野でもデジタル化が進んできていて、眼科領域でもスマートフォンとの連動が進んでいます。

具体的にはスマートフォンで手軽に網膜画像診断ができるようになりました。それが「iExaminer」というアプリです。

iPhoneで眼検査ができる遠隔医療アプリ「iExaminer」とは?

 

「iExaminer」の画像

 

「iExaminer」は、iPhone専用のアダプター、カメラ、アプリの3つで網膜画像診断ができるというもの。(iPhone4、iPhone4Sに対応)

使い方は、iPhoneに専用のアダプターとカメラを装着、アプリを起動して患者の眼を撮影するだけと、非常にシンプルです。

 

「iExaminer」の画像

アプリに撮影した画像と患者情報を保存できるため、患者情報の共有ができ、遠隔医療にも役立つと考えられています。

また、従来のような大型の機器を必要としないため場所もコストも抑えられ、手軽に持ち運び可能なため、往診の際に活用が広まることが期待できます。

将来的には、一般内科のドクターが往診で撮影し、眼科医へ診断を任せるということもありえるかもしれません。

 

眼検査ができる遠隔医療アプリ「iExaminer」

 

AIがアプリでダイエットをサポート!?

さまざまな分野でAIの活用が広がってきていますが、アプリでもAIが活用されるようになってきました。

そのなかでも気になるのがAIがパーソナルトレーナーとなってダイエットのアドバイスをくれるというアプリ「FiNC(フィンク)」

FiNC

独自の AI(人工知能)を駆使したアプリで、使えば使うほど学習し、自分にぴったりのダイエットや健康のアドバイスをしてくれるようになる!

公式サイトはこちらからどうぞ⇒「FiNC(フィンク)」