体臭が気になる方必見!「臭いが見える」アプリ「Kunkun Body」(クンクンボディ)とは?

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

体臭って自分では確認できないから困りますよね。

だからといって指摘されることもない…自分の知らないところで噂になってしまう…

そんなことは誰だって避けたいもの。

そんな心配を吹き飛ばしてくれるアプリがコニカミノルタから発表されました。

それが「臭いが見える」アプリ「Kunkun Body」です。

「臭いが見える」アプリ「Kunkun Body」(クンクンボディ)とは?

「Kunkun Body」は、コニカミノルタが開発した?アプリで、専用のデバイスをかざすと臭いが確認できるというアプリです。

使い方も簡単で、アプリを立ち上げて、専用デバイスを身体にかざして、スマホ(アプリ)で見る、だけ。

このアプリを使うことで、あたま、耳のうしろ、わき、あし、の臭いを測定できます。

※今後は口臭も確認できるようにアップデートを進めていくとのこと。

Kunkun body

出典:Kunkun body

具体的には各部位の3種類の臭いをアプリで確認できます。

それが「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」という3大体臭。

「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の3大体臭を測定
成分を検知し強度を測定したニオイを、独自のシステムによって定量化。
今まで測ることができなかった「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の種類と強さを測定します。
Kunkun body

Kunkun body

出典:Kunkun body

臭いの結果は数値とグラフで示され、100に近いほど臭いという結果になります。

総合的なニオイ測定値が表示されます。
100に近い値ほど、ニオってます。
また、「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の強さを、同世代の平均値とともに10段階で表示します。
Kunkun body

Kunkun body

出典:Kunkun body

ちなみに、Kunkun body(クンクンボディ)の検出技術は、大阪工業大学との共同研究によって生まれたとのこと。

複数のガスセンサーによって機械学習をさせることで、臭いの種類と強さを判別でき、人間の嗅覚と同じシステムを再現。「ニオイ検出標準プラットフォーム」として開発が進んでいるとのこと。

複数のガスセンサーを入力として、ニューラルネットワークを組み、
機械学習をさせることによって、ニオイの種類と強さを判別することができます。
この仕組みは、人間の嗅覚と同じシステムです。
この技術は今後、さらに広がっていきます。
ニオイをセンサーで感知し、デジタルデータとして解析する
「ニオイ検出標準プラットフォーム」として開発されており、
あらゆるニオイ検出の基盤として機能します。
現在、さまざまなニオイ検出データを学習データとし、機械学習を進めています。
Kunkun body

Kunkun body

出典:Kunkun body

Kunkun body(クンクンボディ)サイズは…

(縦)約108.5mm
(横)53.5mm
(厚み)22.5mm

で、スマホより一回り小さいサイズ。

バッテリーの持ち時間(連続使用時間)は、約15時間とのことなので、持ち歩いて外出先で臭いを計測というのも可能。

ビジネスマンや外出の際に体臭が気になるという方は1度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

個人的には医薬部外品で殺菌効力試験実施済みで効果が期待できる医薬部外品のネオテクトもおすすめ。加齢臭や脇のにおいって実は洗っても取れにくい…というか、またすぐににおってしまうことがあります。それがクリームで抑えられるというもの。

ネオテクト

最近では男性でも香水などを付けても違和感はなくなってきましたが、においが残っている状態で香水などを付けるのはキケン。イヤなにおいと香水が混ざって、異臭になりかねません。かくいうぼくも家族に注意されて気づきました。自分ではなかなか気づけないものなので注意してくれて助かりました。

また香水の付け過ぎも注意が必要。加齢臭もそうですが、自分から放たれているにおいって自分では気づきにくいもの…結果的に香水を付けてしまって香水臭くなってしまいます。特に自分のにおいを敏感に気にしている方に多い傾向。そもそもにおいに疎い人だと香水なども付けたりしませんよね。

要はにおいに対してにおいでごまかすのは不可能だということ。においで困っていないという方は香水などのにおいの付け過ぎに注意すればいいのですが、自分のにおいが気になっていてそれを香水などでカバーしようとしている方は注意が必要ということです。その点ネオテクトクリームは、塗るだけでニオイの原因菌を殺菌してくれ、ニオイの元を絶ってくれます。「ごまかす」のではなくニオイの発生を「分解する」とのこと。気になる方は公式サイトをご覧ください。

公式サイトはこちらからどうぞ⇒

 

 

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒

関連記事

「Awair」

部屋の空気状態を”見える化”するIoTセンサー「Awair」

iPARKSTUDY

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究用iPhoneアプリ「iPARKST...

Wing

喘息管理ができるIoTデバイス「Wing」

「Rx-Writer」の画像

ドクター向け!処方せんが発行できるiPhoneアプリ「Rx-Writer」

エストドック

病院を予約するならこれ!ネットでも電話でも予約できる診療予約サイト「エストドック...

うつ

iPhoneで産後うつ研究に参加しよう!産後うつサポートアプリ「PPD ACT」