救急車を呼ぶ前に救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」を使おう

Q助

※画像は「Q助」のスクリーンショットより作成

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

今回は救急車の適正使用をサポートしてくれるアプリの紹介です。

以前から救急車の適正使用については、問題になってましたよね。全国消防協会ではこんなポスターも作成して、啓発しています。

全国消防協会

出典:全国消防協会

そんな救急車の適正使用に関して役立つアプリが総務省消防庁からリリースされています。それが「Q助(きゅーすけ)」という救急受診アプリ。

救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」とは?

救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」は、急な病気やけがで、救急車を呼んでいいか迷ったときに判断のサポートをしてくれるアプリです。

  • 病院へ受診した方がいいのか?
  • 救急車を呼んだ方がいいのか?
  • 急いだ方がいいのか?

などで迷った際にいくつかの質問に答えることで、判断のサポートとして役立つアプリです。

「Q助(きゅーすけ)」は、もともとリリースされていた「東京版救急受診アプリ」を全国版としてリリースしたもの。

「東京版救急受診アプリ」は、日本救急医学会が監修し、東京都医師会救急委員会救急相談センター運用部会が作成、東京消防庁が編集、発行していました。

そのアプリをもとに、総務省消防庁の検討会で作成したものが救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」です。

救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」をiPhoneにインストールしてみた

実際に救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」をインストールしてみました。

▼まずは利用規約

Q助

しっかり読んでから使いましょう。

▼ちなみに画面設定では、色や文字の大きさなどを設定できます。

Q助

▼明度反転にすると背景が暗くなります。暗いところでも眩しすぎずに済みます。

Q助

▼高コントラスト

Q助

▼質問に答えていくと「赤」「黄」「緑」で緊急度が分類されます。

Q助

▼「赤」はすぐに救急車を呼ぶ

Q助

▼「黄」は救急車の対応ではなく、2時間以内を目安に病院へ受診

Q助

▼「緑」は、緊急ではないが、医療機関への受診を推奨

Q助

▼またすべての項目に該当しない場合もあるようで、悪化したり、症状が続いた際に受診を推奨するというものです。

Q助

▼実際の質問の一部

Q助

以上、救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」の紹介でした。

このアプリで少しでも救急車の適正使用に繋がれば幸いです。

全国版救急受診アプリ「Q助」

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒

関連記事

Wing

喘息管理ができるIoTデバイス「Wing」

「HealthPatch」の画像

貼るだけでバイタルチェックができるウェアラブルセンサー「HealthPatch」

「Baby Glgl」の画像

哺乳瓶の適切な傾きがわかるアプリ「Baby Glgl」

体温計測アプリ「Wishbone」

クラウドファンディングに参加してIoT体温計「Wishbone」を使ってみた

Quell

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」

「WellBe」

腕に付けるだけでストレスの原因がわかり、対策を提案してくれるウェアラブルデバイス...