アプリ制作をしたいけど、どこに頼めばいいの?

アプリ制作
アプリ制作

自分で思いついたアプリ、もしくは社内向けで必要なアプリを制作したいけど、開発する技量がないという場合、アプリの制作会社に委託することになります。いわゆるシステム開発を専門に行っている会社に任せれば問題はありませんが、その会社によって専門分野が存在するため、自分が求めるものがどの専門分野を要するのかを知っておくことがまずは大事です。

アプリ制作をしたい場合に注意すべき点

アプリ制作の価格

どの制作会社に頼めばいいかという点ですが、価格の問題が最初に挙げられます。見積書を提示してもらう際に、内訳などが出ておらず、開発費一式として金額が提示されているだけというところも中には存在します。良心的な会社は内訳が細かく載っており、どの分野にどれだけのお金がかかるのかが一目瞭然です。

また、他の会社にも見積もりを出しているのを知っていても、早急に契約を結んでほしいといったことは言いません。見積もりを出してもらい、その内訳を出してくれるところに頼むことがまずは求められます。

アプリ制作の開発実績

次に開発実績です。個人的なものを作りたいという場合であっても、開発実績の有無は重要です。最近はアプリに広告を掲載し、それで収入を得ようとする人が増えています。この方式は、うまくいえばお金を稼げる一方、広告があまりに頻繁に出てくるため、消してほしいというクレームが入りやすく、定着しにくい要因にもなります。

どのような形で広告を出せばいいのかに長けているかどうかは開発実績の有無によってかなり変わります。そういった意味では企画力というのも大事です。思いついたアイデアすべてを実現させてくれるところもいいですが、こうしたらもっと良くなるという提案をし、改良してくれるところもうまく利用すればプラスとなります。

アプリ制作一括

アプリ開発 一括.jp

 

アプリ制作を依頼したいときに納期は重要?

早く完成させてほしいとばかりに、納期の早いところを探そうとしますが、アプリ制作の場合は早ければいいというものではありません。特にスマートフォンの場合は、毎年のようにソフトウェアが更新され、一方で昔のスマートフォンを使っている人もいるなど、使用する機器がバラバラであり、その分エラーが出やすい、バグが出やすいということがあります。

納期を早めに設定するとすぐにアプリは出来上がりますが、その分、動作が不安定でかなりのクレームとなり、低評価になりやすく、そのたびに修正を余儀なくされます。委託する場合、できれば最初からバグがないような形にしておく、その後のケアをしてくれるところに任せておくことが無難です。サポート体制が充実しているところを探しておくことも大事になります。

こうしたアプリ制作は中小のベンチャー企業などでも行っていることから、安さだけでそこに任せるというケースもありますが、品質という面も当然ながら大事であり、その後のアフターケアにも目を向けることが求められます。

1つのファクターだけで決めるのではなく、総合的な観点から制作を依頼することが大事であり、いくつもの会社に見積もり依頼をし、話を聞いてもらうというのが求められます。アプリ制作の一括比較ならこちらがオススメです。

アプリ開発をご検討ならアプリ開発 一括.jpで一括お問い合わせ!

 

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒

関連記事

「DrinkMate」

アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」

「Quitbit」の画像

禁煙を実現させるライター?禁煙サポートアプリ「Quitbit」

amino

医師検索のプラットフォームになる!最適な医師を提案してくれるアプリ「amino」

「Reme(リミー)」

匿名質問でも回答率100%!臨床心理士など心の専門家に質問できるサービス「Rem...

「Lumma」

自宅での服薬管理に!飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」

「Embrace」の画像

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」