植物から抽出したグラシトールにも副作用はあるの?

「グラシトール」

血糖値対策サポートサプリグラシトール をご存知でしょうか?

グラシトールは、無機能栽培の植物から抽出した成分を含んだいわゆる血糖値対策サプリです。

血糖値の気になる方には役立つサプリですが、一方で副作用も気になりますよね。

医療用の糖尿病治療薬だと、血糖値を下げ過ぎてしまい低血糖を起こしてしまうケースがありますし、なかには下痢や頻尿を起こすものもあります。

グラシトールではそういった副作用はどうなのでしょうか?

今回は、グラシトールの成分や原料などを紹介しながら、グラシトールに副作用はあるのか?どんな副作用が心配されるのかなどを紹介したいと思います。

血糖値対策サポートサプリ「グラシトール」とは?

 グラシトール とは血糖値が気になるような人が摂取するサプリメントです。

血糖値のことは気になっているけど、どういうものが体にいいのかわからない人には、まずは試しにグラシトールを摂取してみることがいいかもしれません。

なぜなら、グラシトールは「アイスプラント」という植物から抽出した成分が原料になっているサプリメントのため、医療用の糖尿病治療薬のような副作用の心配が少なく、手軽に始めることができるからです。

グラシトールの原料の植物「アイスプラント」には植物性インスリンといわれている「ピニトール」という成分を含んでいるため、より自然に近い形で摂取でき、糖をコントロールすることができます。

グラシトールは「アイスプラント」「ピニトール」のふたつがキーワードとなります。

グラシトールに含有されている成分ピニトールとは?

グラシトールの成分ピニトールは植物性インスリンと呼ばれるだけあって、糖バランスを正しくする働きをします。

グラシトールにはピニトールが300mg配合されていますが、それを摂取しようとすると、豆乳800mL、大豆なら500粒、ルイボスティーなら100杯分を飲まなければなりません。

そんな量を摂取するのは現実として無理ですよね。それがグラシトールでは少量で済むのが嬉しいポイントです。

グラシトールの1日の摂取量は6錠で、ピニトール300mg配合なので、100杯ものルイボスティーを飲まずに済みます。

またそれだけだなく、グラシトールにはピニトールの他に、ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛なども配合されていて、糖質対策だけでなく、脂質対策、活力サポート、若々しさのサポートもされるという魅力的なサプリメントです。

機能性野菜アイスプラントの働き

機能性野菜のアイスプラントには、大豆の8.5倍、ルイボス茶葉の30倍のピニトールが入っています。

これがグラシトールが少量で済む理由です。

グラシトールは機能性野菜アイスプラントの成分をギュっと濃縮させてサプリメントとして摂取できるようにしているのです。

とても日常で取れない量が、グラシトールにすることで少量で摂取できるようになるのはサプリメントならではです。

機能性野菜アイスプラントから抽出したピニトールは世界の保険機関も認めている成分で、アメリカの食品医薬品局でも認められているので、副作用などの心配も少なく安心できます。

「グラシトール」

グラシトールの原料「アイスプラント」ってそもそもなに?

アイスプラントは、南アフリカ原産の多肉植物で生育環境などのストレスに強く、生命力が強いのが特徴です。

厳しく乾燥した土地でも力強く生き抜く力を持つ植物で、独特な光合成経路を持っていて環境によって二つの光合成を切り替えるようにして育っています。

アイスプラントは昔から傷の治療や保湿に使われているハーブで、ストレスが強ければ強いほど栄養成分を自分の中に蓄えるという性質を持っています。

そのため葉や茎についている水滴にはミネラルが豊富に入っているのです。

そして、ピニトールやポリフェノール、AHAフルーツ酸などの成分が入っているのもアイスプラントの大きな特徴の一つだと言えます。

このアイスプラントを無農薬栽培し、毎日50項目のチェックを欠かさずに行っているということからも、グラシトールの安全性への拘りが感じられます。

とはいっても、体内に入っていくものなので、どうしても何らかの副作用は考えられます。

「グラシトール」

グラシトールの副作用とは?

前述したように医療用の糖尿病治療薬は効果も期待できる分、副作用も気になります。

グラシトールでは副作用というよりは想定されるのはアレルギーです。

いくら無農薬栽培のグラシトールでも、アレルギーを起こす人がいます。

もともと食品なので科学的な副作用は考えにくいのですが、アレルギーなどが原因で合わないというような人はいます。

お米ですらアレルギーを起こす人がいる現代では、アレルギーがない食品はないのかもしれませんね。

一度試してみてアレルギーが出るようでしたら、摂取することは諦めなければなりませが、これは副作用というよりは、どのサプリメントや食品に関してもいえることです。

もしどうしても気になるようだったら医師に相談することが重要です。

また、これも副作用とは離れてしまいますが、葉酸を飲んでいる方は注意が必要です。つまり妊娠中や授乳中の方。

グラシトールは基本的に妊娠中や授乳中の女性でも飲むことができますが、グラシトール自体に葉酸が含まれていてるため、葉酸を飲んでいる人は、葉酸を多く取りすぎてしまうため注意が必要となります。

以上がグラシトールにおける副作用というよりは、注意すべき点です。

やはり医薬品ではなく、食品ということからも副作用は考えにくいようです。

グラシトールの口コミ・評判

グラシトールを飲み始めて、早い人だと2〜3日で効果を感じるようです。

飲むときにはコーヒーやお茶などのカフェインが入ったものは避けるようにして、水かぬるま湯で飲むこと、そして何より毎日続けて飲むことが重要です。

毎日続けて飲むことが、効果をより感じることにつながるので、血糖値が気になる方はしっかり毎日飲むようにしましょう。

実際に試してみている方からは、「血糖値のことが気になって、なかなか美味しくご飯を食べることができなかったけど、グラシトールを飲むことによって、楽しく食事をとることができるようになった」というような声や、
「今までいろいろなものを試してきたけれども、グラシトールを飲むようになって、元気が出たり、体が軽く感じたりするので、前向きに生活ができるようになった」
というような口コミが寄せられているようです。

公式サイトはこちら

 

「グラシトール」

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

血糖値が高めの人にも評判のグラシトールについて

血糖値サポートサプリ「グラシトール」が薬局で購入できない理由とは?

血糖値対策サプリ「グラシトール」を徹底評価

妊活中の女性にもおすすめの血糖値対策サプリ「グラシトール」

1日6粒でOK!グラシトールの成分には植物性インスリン「ピニトール」が含まれている

関連記事

NO IMAGE

40代主婦のネムリス口コミ体験談(45歳パート、42歳専業主婦)

NO IMAGE

ネムリスを使った感想とアドバイス(27歳男性営業マン)

「グラシトール」

1日6粒でOK!グラシトールの成分には植物性インスリン「ピニトール」が含まれてい...

「グラシトール」

血糖値サポートサプリ「グラシトール」が薬局で購入できない理由とは?

サラシアプラス

愛飲者から満足度が高いサラシアプラスの魅力について

「サラシア100」

血糖値対策サプリ「サラシア100」(小林製薬)の徹底評価