手術時の医師の負担軽減に期待!ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」

archelis(アルケリス)

 

「archelis(アルケリス)」

archelis(アルケリス)

 

ドクターってなんとなく超人的なイメージがありませんか?

何時間もオペをしたり、休日返上で患者さんを診たり…

患者さんの命を預かってるプレッシャーも想像を絶するものがあると思います。

そんなハードな仕事をこなすドクターの、身体的な負担を軽減できるように開発されたのがウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」です。

ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」とは?

 

外科のドクターにとって手術は体力勝負、オペ中は、立ったり、中腰になったを繰り返しながら数時間にわたって手術を行うそうです。

命がかかっているという精神的なものもそうですが、身体的な負担も相当なものです。

そういった身体的な負担を軽減して、手術に集中できるようにと開発されたのが、「archelis(アルケリス)」です。

 

 

現役外科医の川平洋先生が開発に携わっているとのことで、より現場の声を反映したものになっていそうです。

手術中は、「歩く+中腰体勢」がほとんどのため、その動作をサポートする設計になっているとのこと。

具体的には、足につけることで、中腰の姿勢でも座っているような感覚で筋肉疲労を軽減できるようになっています。

 

 

「archelis(アルケリス)」設計への拘り

 

現役の医師が開発に携わっているということもあり、設計にもかなり拘りがあるようです。

 

「archelis(アルケリス)」2

archelis(アルケリス)

 

オペ室は、精密機器などが多く、コードをつけると邪魔になってしまうということを想定して、電力を使わず、コード不要な設計になっています。

また、つけていることが負担にならないようにと、軽量化と強靭さにも拘っており、金属とカーボンを組み合わせて設計されています。

 

まだ発売されていないようですが、この製品の普及によって外科医の負担が軽減できれば何よりですね。

 

「archelis(アルケリス)」

 

 

 

関連記事

iPhone

Appleが医療分野に本格進出!iPhoneで医学研究から治療までをサポート!

東京大学が糖尿病向けアプリをリリース!糖尿病臨床研究アプリ「GlucoNote(グルコノート)」

東京大学が糖尿病向けアプリをリリース!糖尿病臨床研究アプリ「GlucoNote(...

「uHoo」

喘息や花粉症の方にオススメ!部屋の衛生状態を客観的にチェックできるIoTデバイス...

ava

アプリが障害の壁をなくす!聴覚障害者サポートアプリ「ava」が素晴らしい!

オスメイトなび

オストメイト対応トイレを探せるアプリ「オストメイトなび」

「Peek」の画像

スマホで失明回避!目の総合検査ができる遠隔医療アプリ「Peek」