スマートフォンと電子タバコが一体になったIoTデバイス「Jupiter」

「Jupiter」

 

「Jupiter」

 

国内でも禁煙が広まり、喫煙者には肩身が狭くなってきてますね。

ぼくの会社でも、喫煙者はかなり減りましたし、禁煙に成功した、という話を聞くことが増えました。

そんな背景もあり、電子タバコも注目されていますね。

今回は、そんな電子タバコがスマートフォンと一体となったIoTデバイスを紹介します。

電子タバコになるスマートフォン「Jupiter」とは?

 

スマートフォンが電子タバコになるなんて、信じられませんが、そんなデバイスが実際に発売されています。

それが「Jupiter」というIoTデバイス。

 

「Jupiter」

 

「Jupiter」は、スマートフォンでありながら、電子タバコにもなるというIoTデバイスで、なんとも斬新なアイディアで、持ち歩くには便利そう。

一見普通のスマートフォンのようですが、電子タバコが上部に内蔵されていて、好きなタイミングで吸うことができます。

電子タバコはバッテリー式になっていて、スマートフォンを充電すれば、電子タバコのバッテリーも充電されるようです。

 

「Jupiter」

専用のストローのようなものを使えば、電話やメール、スマートフォンの画面を見ながら、電子タバコを吸うこともできます。

気になる方は是非、チェックしてみてください。

 

「Jupiter」

 

 

関連記事

AED

AEDの場所が確認でき、心肺停止・脳卒中の救命をサポートするアプリ「HeartR...

「Awair」

部屋の空気状態を”見える化”するIoTセンサー「Awair」

「MeeDoc」の画像

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

AlerSense

アレルギー疾患の方必見!空気中の汚染物質を感知してくれるIoTデバイス「Aler...

iPARKSTUDY

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究用iPhoneアプリ「iPARKST...

「WellBe」

腕に付けるだけでストレスの原因がわかり、対策を提案してくれるウェアラブルデバイス...