自宅にいながら血液検査が受けられる遠隔医療サービス「スマホdeドック」

「スマホdeドック」
「スマホdeドック」

「スマホdeドック」

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

KDDIが2015年8月に開始したサービス「スマホdeドック」をご存知でしょうか?

このサービスは、自宅にいながら自分の健康チェックができるという遠隔医療サービスです。

遠隔医療サービス「スマホdeドック」とは?

 

遠隔医療サービス「スマホdeドック」は、一般的な健康診断と同等の検査結果がわかるというサービスで、自分で血液を採取することで自宅にいながら血液検査ができるという特徴があります。

具体的な流れとしては、まず、インターネットから申し込みを行います。

すると血液検査セットが届きます。

その血液検査セットに自分で血液を採取して送ると、1週間程度で血液検査結果がメールで届くというサービスです。(申し込みからだと約2週間で検査結果がわかるようです)

 

スマホdeドック

 

ちなみに、血液検査セットは厚生労働省から承認されているものなので安心です。

また、血液を採取といっても従来の血液検査の約150分の1の血液(0.065ml)でできるので、負担はかなり少なくて済みそう。

「スマホdeドック」

「スマホdeドック」

 

この検査によって動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの病気のリスクがわかるということなので、血液検査をしばらく行っていないなど心配な方は是非、ご活用してみてはいかがでしょうか?

気になる費用ですが、4980円(税抜き)です。(2016年9月30日時点)

ただし下記、地域に住んでる方は無料で受けられるようです。

※2015年10月5日時点のデータ

会津若松市(福島県)2015年11月30日まで

草津町(群馬県)2015年12月28日まで

綾瀬市(神奈川県)対象年齢をお選びください

鎌倉市(神奈川県)2016年2月29日まで

小諸市(長野県)2016年1月31日まで

関市(岐阜県)2016年2月29日まで

総社市(岡山県)対象年齢をお選びください

豊前市(福岡県)2015年11月30日まで

 

 

遠隔医療サービス「スマホdeドック」

 

今回したものとは異なりますが「自宅で」しかも「匿名」で受けられる検査キットとしては「性病検査STDチェッカー」なんかもあります。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

まさに遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

日本でも遠隔診療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

持病を管理できるアプリ「TwineHealth」

関連記事

遠隔診療

遠隔医療の普及で医療従事者が減る!?

「Diabeto」の画像

糖尿病管理アプリ「Diabeto」

「ぐずるん」

花粉症がつらい!という方には花粉予報アプリ「ぐずるん」がオススメ

「Kinsa」の画像

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

うつ

iPhoneで産後うつ研究に参加しよう!産後うつサポートアプリ「PPD ACT」

マイベイビーズビート

赤ちゃんの心音が録音できるアプリ!「マイベイビーズビート」