iPhoneケースでバイタルチェックできるアプリ「Kito」

「Kito」の画像

 

「Kito」の画像

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

スマートフォンが普及してから、ガラケーで付けていたようなストラップを見る機会はめっきり減りましたが、代わりにスマホケースをつけている人が増えました。

ぼくもiPhoneに付けていますが、ケースの目的は大きく二つ。ひとつ目がiPhone本体の保護、二つ目がデザイン。特にiPhoneケースは種類も豊富なので、自分の好みのケースが選べますし、もしものときに本体を保護する役割もあります。

そんなiPhoneケースですが、さらに付加価値が付いたものが登場しています。今回は、そんなiPhoneケース「Kito」を紹介します。

「Kito」はiPhoneケースでありながら、簡単にバイタルチェックができるというデバイスです。

※2016年9月17日追記 Android版もリリースされたようです。

バイタルチェックができるiPhoneケース「Kito」とは?

 

 

「Kito」は、専用のiPhoneケースでバイタルチェックできるアプリです。

iPhoneケースに内臓されたセンサーとアプリが連動することによって、体温、心拍数、血中酸素濃度、心電図、呼吸機能などのバイタルがチェックできます。

ユザーは最大4人まで管理できるので、家族のバイタルもチェック可能です。また、iPhone専用ケースの充電は2ヶ月に1回程度とのこと。

 

iPhoneケース「Kito」は3ステップでバイタルチェックができる

 

 

 

「Kito」の画像

 

使い方は、非常にシンプルで、

1、スイッチをオンにする
2、iPhoneケースのセンサー部分に触れる
3、数秒間待つ

と3ステップで測定できます。(指が置けるようにセンサーが内蔵されています)

呼吸機能に関しては専用の肺活量測定センサーを使用することで測定可能とのこと。

スマートフォンがあればいつでもバイタルチェックできるので、手軽に健康管理ができて、継続することで体調変化を把握するのに役立ちそうです。

 

iPhoneケースでバイタルチェックできるアプリ「Kito」

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

腕に付けるだけでストレスの原因がわかり、対策を提案してくれるウェアラブルデバイス!ストレスチェックアプリ「WellBe」

耳に付けるだけで食事管理をするアプリ「BitBite」

iPhoneで脈拍を測れる!?不整脈の臨床研究アプリ「HearTily(ハーティリー)」

iPhoneで産後うつ研究に参加しよう!産後うつサポートアプリ「PPD ACT」

iPhoneでメタボをチェック!早稲田大学が開発したメタボリックシンドローム臨床研究アプリ「メタボウォッチ」

iPhoneでぜんそくを管理!順天堂大学が開発したぜんそくの臨床研究アプリ「ぜんそくログ」

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究用iPhoneアプリ「iPARKSTUDY」

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用iPhoneアプリ「ロコモニター」

スマホで健康管理!血圧測定できるアプリ「MOCA heart」

関連記事

「Thermo」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるIoTデバイス「Therm...

「メタボウォッチ」

iPhoneでメタボをチェック!早稲田大学が開発したメタボリックシンドローム臨床...

体温計測アプリ「Wishbone」

クラウドファンディングに参加してIoT体温計「Wishbone」を使ってみた

「頭痛ろぐ」の画像

偏頭痛持ちの方は必見!偏頭痛の誘因が把握できるアプリ「頭痛ろぐ」

「Baby Glgl」の画像

哺乳瓶の適切な傾きがわかるアプリ「Baby Glgl」

頭痛予報

頭痛予報アプリ「ズキンちゃん」に待望のiPhoneアプリ登場!