「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

「Kinsa」の画像

 

 「Kinsa」の画像

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

体調が悪いな…と思うと、まず熱があるか確認する方は多いと思います。
その際に使う体温計がスマホと連動し、「Kinsa」というアプリで管理できるようになったようです!

IoT体温計「Kinsa」とは?

 

「Kinsa」の画像

 

 

「Kinsa」は、専用の体温計をスマートフォンに接続し、連動させることでアプリで健康管理ができるというものです。

使い方は、専用の体温計をスマートフォンに接続し、口や脇の下にはさみ約10秒待つだけ。
熱を測ったあとは、その時の症状(頭痛、咳、のどの痛みなど)をアイコンから選択でき、そのデータをドクターに送ることもできるようです。

価格は29.99ドルで電池は不要。

 

 

IoT体温計で体温計でエリアの健康状態をチェック!?

 

 「Kinsa」の画像

 

そして、この体温計「Kinsa」のすごいところは、「エリアの健康状態」をチェックできるところ!
というのも、「Kinsa」で計測した体温や症状などを収集し、そのデータから、付近のエリアで他に熱が出ている人がいないかなどを共有できるようです。

つまり、周辺で感染症が流行っているかの確認ができるので、特にインフルエンザの時期は役に立つと考えられています!
ビッグデータをよりエリアに特化して活用しているイメージですね。

この「健康マップ」を実現するために、地域の学校に無償で「Kinsa」を提供しているようです。

このようにスマホと連動することで、大きな付加価値が創出できるのは大きなメリットですね!

 

IoT体温計「Kinsa」

 

IoT体温計「Kinsa」アプリ

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

育児中の方必見!子どもの睡眠をモニタリングできるアプリ「hugOne」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるデバイス「Thermo」

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

赤ちゃんの睡眠状態がわかるウェアラブルデバイス「Sproutling」

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

貼るだけで体温をモニターできるアプリ「TempTraq」

スマホと連動するIoTおしゃぶり「Pacifi」

関連記事

iPhone

Appleが医療分野に本格進出!iPhoneで医学研究から治療までをサポート!

ロコモニター

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用iPhoneアプリ「ロコモニター」

「Embrace」の画像

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」

「Jupiter」

スマートフォンと電子タバコが一体になったIoTデバイス「Jupiter」

「みんチャレ」

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」をご存知ですか?

「VeinViewer」

注射の失敗がなくなる!?画期的なデバイス「VeinViewer」