スマートフォンとビーコンが連動して徘徊捜索に活用できる!IoTデバイス「ハイビーコン」

ハイビーコン

 

ビーコンと聞くと何を思い浮かべますか?

なんとなくのイメージはあっても、正直、あまりピンとこなかったので、調べてみました。

ビーコンとは、標識、灯台、のろし、かがり火、無線標識、航空標識などの意味を持つ英単語。一般的には、光や電波などを発する固定された装置などのことで、その光を見た人や信号を受信した電子機器などが現在地を知るのに使われる。
ビーコンとは

 

要するに現在地を知らせる装置という意味ですね。

そんなビーコンがスマートフォンと連動することで、認知症の方の徘徊捜索など、さまざまな状況で活用が期待できそうです。

スマホと連動するIoTビーコン「ハイビーコン」とは?

 

「ハイビーコン」は、スマートフォンと連動して、位置情報を確認できるIoTデバイスです。

スティック型で外観は100円ライターのようなイメージ。

 

「ハイビーコン」

 

非常に小型ながら、スマートフォンと連動することで活用の幅が広がります。

ハイビーコンとスマートフォンが連動することで位置情報が把握できるため、認知症の方の徘徊、子どもの迷子、登山での避難捜索などに役立ちます。

 

「ハイビーコン」

 

具体的には、捜索アプリなるものを活用し、ハイビーコンからの電波を受信し、発見につなげるようです。

使い方は、まずアプリをインストールし、GPSをオンにしておき、捜索する方の「捜索番号」と自分の番号を入力する情報収集を行い、ハイビーコンからの電波を受信すると、マップ上に表示されるようです。

 

「ハイビーコン」

 

「ハイビーコン」

 

距離として200m〜450mまで、感知できるとのことで、コイン電池で待機状態であれば最大10年間ももつようです。ただし、捜索に用いると電池は使い切るようです。

 

「ハイビーコン」

 

2016年2月15日発売ですが、予約が殺到し、次回は3月15日予定だそう。

ちなみに「徘徊ハイビーコン」の専用アプリは4月中旬にリリースを予定しているとのこと。

さまざまなシーンでの活用が期待できますね。

 

「ハイビーコン」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

「IoT」の読み方・意味とは…「Internet of Things(モノのインターネット)」の略

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

自宅にいながら血液検査が受けられるサービス「スマホdeドック」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

まさに遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

日本でも遠隔診療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

持病を管理できるアプリ「TwineHealth」

 

関連記事

「Lumma」

自宅での服薬管理に!飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」

「AOZORA」

集中できない、忘れっぽいという人は注意!ADHD(注意欠如・多動症)のためのタス...

iPARKSTUDY

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究用iPhoneアプリ「iPARKST...

ぜんそくログ

iPhoneでぜんそくを管理!順天堂大学が開発したぜんそくの臨床研究アプリ「ぜん...

ロコモニター

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用iPhoneアプリ「ロコモニター」

小児救急支援アプリ

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」