部屋の空気状態を”見える化”するIoTセンサー「Awair」

「Awair」
「Awair」

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

ペットを飼ってる方や小さなお子様がいる家庭では、空気清浄機を使ってることが多いと思います。

それだけ、空気の状態が気になりますよね。そんな気になる部屋の空気状態を”見える化”できるIoTセンサー「Awair」を紹介します。

空気状態を見える化できるIoTセンサー「Awair」

空気状態を見える化できるIoTセンサー「Awair」とは?

「Awair」は、部屋の空気状態をチェックして、スマートフォンなどで確認できるコンパクトなIoTセンサーです。

具体的には、コンパクトなIoTセンサーを部屋に置いておくことで温度湿度二酸化炭素などを測定し、部屋のなかで、それぞれがどんな状態か数値で表示されます。

この情報はスマホで確認できるほか、継続することでグラフで表示されるため、どの時間帯で、どのような部屋の空気状態かを確認できるようです。

つまり、部屋の空気状態が一目瞭然になります。

目視で確認できるので、加湿器が必要?換気が必要?などの対応もしやすいですよね。

また、空気をモニターするだけでなく、サイトに喘息などの健康情報なども掲載されているようです。

特に喘息やアレルギー性鼻炎は、生活環境も重要なので、そういった情報があれば、発作の予防などもてきそうです。

もし咳が長引くなどの症状でお困りの方がいればこちらで精密検査を受けてみてはいかがでしょうか?

咳が続く3割の方が喘息に移行してしまうというデータもあるので早期診断が重要です。

専門医による検査をご希望の場合はこちらから

疾患者向けの治験もあるんです≪治験情報V-NET≫

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

「IoT」の読み方・意味とは…「Internet of Things(モノのインターネット)」の略

自宅での服薬管理に!飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」

IoTデバイス(聴診器・体温計)で体調管理するアプリ「CliniCloud」

スマホと連動するIoTおしゃぶり「Pacifi」

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

一家に一台聴診器の時代がくる?健康管理ができるIoT聴診器「Stethee」

アプリで揺らすことができるIoTゆりかご「Smart Connect」

 

関連記事

「CLINICS(クリニクス)」

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニ...

「Embrace」の画像

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」

プレタール

医薬品(プレタール)におけるIoTによって服薬サポート(飲み忘れ防止)できるアプ...

pzizz

40万人以上が評価した!音楽を聴くだけで不眠が解決できるアプリ?「pzizz」

「Doctor On Demand」の画像

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

「Wishbone」の画像

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」