医師サポート遠隔医療アプリ「ヒフミル君」

ヒフミル君

 

「ヒフミル君」

「ヒフミル君」

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

以前、写真を送るだけで皮膚科医に相談できる「Klara」という患者さん向けのアプリを紹介しましたが、今回は、医師向けの遠隔医療アプリ「ヒフミル君」をご紹介します。

ドクター向け遠隔医療アプリ「ヒフミル君」とは?

 

「ヒフミル君」とは、そのネーミングの通り「皮膚を見る」アプリです。

具体的には、患者情報や、疾患部位の写真、患者さんに問診した内容などを入力することで、皮膚科専門医のアドバイスが12時間以内(最短30分)にもらえるというアプリ。

「ヒフミル君」

「ヒフミル君」

 

ドクターであれば無料で使えるため、非専門医で皮膚疾患の診断や治療で困った際に役立つアプリとなっています。

アドバイスをくれるサポートドクターは専門診療科での診療歴が5年以上の医師ということなので、安心してアドバイスを聞くことができます。

実際のステップ

  1. ログインして診断開始
  2. 患者情報を入力
  3. 疾患画像をアップロード
  4. 問診で得た情報を入力:疾患部位をフリーハンドで入力
  5. サーマリーから診断申請
  6. 専門医からの返信(最短30分)

 

「ヒフミル君」

入力画面の例

 

アプリはドクターの代わりではなく、あくまでサポートツール

 

このアプリのポイントは、皮膚科専門医の代わりになるのではなく、あくまでもドクターの診断をサポートするということ。

そして、本当に専門医が治療しなければならない疾患を掘り起こすのが目的とのことです。

この「ヒフミル君」は皮膚科疾患のアプリですが、眼科疾患についても、「メミルちゃん」というアプリを2015年10月にリリースしています。

「ヒフミル君」

「ヒフミル君」

 

これによって、皮膚疾患・眼科疾患の遠隔診療をサポートしているので、遠隔地での治療向上への貢献が期待できます。

今後も、こういった遠隔医療サービスが充実してくると地方であっても、高い水準の医療を受けることができますね。

 

皮膚疾患診断サポートアプリ「ヒフミル君」「メミルちゃん」

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

国内・海外の遠隔医療アプリ14選

「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」

スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」

自宅にいながら血液検査が受けられるサービス「スマホdeドック」

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」

まさに遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」

まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」

日本でも遠隔診療が現実に!?スマホでドクターに相談できるアプリ「Doctors Me」

持病を管理できるアプリ「TwineHealth」

関連記事

「認知症に備えるアプリ」

認知症が客観的にチェックできるアプリ「認知症に備えるアプリ」

「Owlet」の画像

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

「SMRT MOUTH」

脱水症状を防げるマウスピース型ウェアラブルデバイス「SMRT MOUTH」

ヤフー

ヤフーが遠隔医療相談?Yahoo!ヘルスケアが「かんたん医療相談」を開始

「TempTraq」の画像

貼るだけで体温をモニターできるアプリ「TempTraq」

「beddit スリープモニター」

IoTセンサーで睡眠状態を計測するアプリ「beddit スリープモニター」