医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」

小児救急支援アプリ

 

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

今回は大阪市大阪府で運用されている「小児救急支援アプリ」 を紹介します。

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」とは?

このアプリは、お子さんが体調を崩した際に、受診すべきかを判断してくれるアプリです。

年齢や症状を選択していくと、「救急車を呼ぶべきか?」「救急相談すべきか?」「医療機関を受診すべきか?」の3段階でアプリが対応を判断してくるというもの。

また、受診する際は、アプリが大阪市内大阪府内の医療機関を紹介してくれ、ワンタッチで電話ができるようになっています。

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

「小児救急支援アプリ」

このアプリは大阪市内のみですが、各自治体で同じような取り組みが行われればいいですよね。

※2016年9月20日追記 大阪府全域で利用できるようになっています。

 

医療機関を受診すべきか判断してくれるアプリ「小児救急支援アプリ」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

赤ちゃんの言語発達のためのウェアラブルデバイス!赤ちゃんが聞く単語の数をカウントするアプリ「Starling」

育児中の方必見!子どもの睡眠をモニタリングできるアプリ「hugOne」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるデバイス「Thermo」

赤ちゃんの心音が録音できるアプリ!「マイベイビーズビート」

胎児に音楽を聴かせることができるマタニティベルト「リトモ」

ゆりかごを揺らすアプリ「Smart Connect」

妊婦さんがお腹の赤ちゃんを確認できるデバイス「Modoo」

胎児の心拍を視覚化するアプリ「BabyWatch」

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

赤ちゃんの睡眠状態がわかるウェアラブルデバイス「Sproutling」

靴下で赤ちゃんをモニターするアプリ「Owlet」

貼るだけで体温をモニターできるアプリ「TempTraq」

スマホと連動するIoTおしゃぶり「Pacifi」

関連記事

糖尿病患者サポートアプリ「わたしケア」

糖尿病患者サポートアプリ「わたしケア」

3分フィットネス

運動を習慣にできるアプリ!?「3分フィットネス」

「beddit スリープモニター」

IoTセンサーで睡眠状態を計測するアプリ「beddit スリープモニター」

マスク

病院で「即見て」ほしい人のためのアプリ「ソクミテ」

アプリ比較

アプリ制作を依頼するなら開発会社を比較しよう⇒比較するなら一括比較がおすすめ

リトモ

胎児に音楽を聴かせることができるマタニティベルト「リトモ」