CATEGORY:遠隔医療

遠隔医療・遠隔診療の違い、アプリやサービスなどをまとめてみた

パソコンと聴診器

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

突然ですが、遠隔医療と遠隔診療の違いをご存知でしょうか?

同じような意味合いで使われていることが多いこの言葉。正確には意味が異なります。

詳しくは「遠隔医療」と「遠隔診療」の違いをご存知ですか?にて紹介しています。

簡単にいうと…遠隔医療のなかに遠隔診療があるという位置づけです。

遠隔医療と遠隔診療

遠隔医療と遠隔診療のイメージ

そんな遠隔医療、遠隔診療に関するアプリやサービスの記事をまとめてみました。

遠隔医療のアプリ、サービス

遠隔医療に関しては、国内・海外の遠隔医療アプリ14選という記事にてまとめています。

国内における遠隔医療アプリ・サービス6選

  • スマートフォンとビーコンが連動して徘徊捜索に活用できる!「ハイビーコン」
  • 日本でも遠隔医療が現実に!?スマホでドクターに匿名相談できる遠隔医療アプリ「Doctors Me」
  • 医師サポート遠隔医療アプリ「ヒフミル君」
  • 自宅にいながら血液検査が受けられる遠隔医療サービス「スマホdeドック」
  • AEDの場所が確認でき、心肺停止・脳卒中の救命をサポートするアプリ「HeartRescue(ハートレスキュー)」
  • 心電図が測れるiPhoneアプリ「smartECG」

海外における遠隔医療アプリ・サービス8選

  • iPhoneで網膜画像診断が可能に!眼検査ができる遠隔医療アプリ「iExaminer」
  • スマホで失明回避!目の総合検査ができる遠隔医療アプリ「Peek」
  • 自宅での服薬管理に!飲み忘れを防ぐIoT薬箱「Lumma」
  • ドクター向け!処方せんが発行できるiPhoneアプリ「Rx-Writer」
  • 貼るだけでバイタルチェックができるウェアラブルセンサー「HealthPatch」
  • IoTデバイス(聴診器・体温計)で体調管理するアプリ「CliniCloud」
  • 一家に一台聴診器の時代がくる?健康管理ができるIoT聴診器「Stethee」
  • 治療管理のプラットフォーム「TwineHealth」

遠隔診療のアプリ、サービス

遠隔診療に関しては、国内・海外の遠隔診療アプリ7選としてまとめています。

国内の遠隔診療アプリ・サービス3選

  • オンライン上で診察から支払いまで完結する!遠隔診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」
  • スマホで遠隔診療!どこにいても診療を受けられるアプリ「ポケットドクター」
  • いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

海外の遠隔診療アプリ・サービス4選

  • オンラインビデオで診察を受けられる遠隔診療アプリ「MeeDoc」
  • まさに遠隔診療!オンライン受診できるアプリ「Doctor On Demand」
  • iPhoneで遠隔診療!アプリ上でのかかりつけ医?「First Opinion」
  • 耳の病気がわかるiPhone用遠隔診療アプリ「Seymour」と専用デバイス「Oto」

以上がメディカルアプリナビで掲載している遠隔医療、遠隔診療に関するアプリやサービスになります。

遠隔医療・遠隔診療と相性のいい疾患とは?

日本国内でも遠隔診療が盛り上がっています。そんな遠隔診療のメリットはさまざまですが、相性のいい疾患、相性の悪い疾患があります。

遠隔診療と相性のいい疾患は?

相性のいい疾患としては、生活習慣病や皮膚疾患、精神疾患などがあります。

具体的には…

こう見るとかなり幅広い疾患が遠隔診療が可能となっています。

ちなみに遠隔診療ではありませんが、糖尿病など生活習慣病の疑いがある方は、無料検診が受けられるサービスがあります。

健診で指摘されたけど、なかなか受診できていないという方は無料なのでおすすめです。

▼詳細はこちら

血圧、コレステロール、血糖値が高めの方へ。無料生活習慣病検診実施中

またAGA、いわゆる男性脱毛症でお悩みの方は新薬を試せるチャンスもあるのでおすすめ!

AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

遠隔診療と相性の悪い疾患は?

基本、初診が対面になるため、一度の受診で済むような疾患や処置が必要なケガなどは遠隔診療のメリットがありません。

  • 風邪(感冒):多くの方が一度の受診で5日ぐらい薬をもらって終了
  • ケガや火傷などの外傷:当たり前ですが、手技や手術などが必要なものは無理ですね

ということで、遠隔医療、遠隔診療についてまとめてみました。少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒