ドクターなら知ってる?医師限定SNSアプリ「Whytlink(ホワイトリンク)」とは?

Whytlink

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

今回は、医療者のためのSNSアプリを紹介します。

医療者といっても医師しか登録できないというドクター専用SNSアプリ 「Whytlink(ホワイトリンク)」をご存知でしょうか?

医師限定SNSアプリ「Whytlink(ホワイトリンク)」とは?

「Whytlink」は、医師限定で登録できるSNSアプリです。

Whytlink

出典:Whytlink

「医療現場の無駄なコミュニケーションを0分にしませんか?」

というキャッチコピーにもあるように、医師同士のコミュニケーションをよりスムーズに行うことができるアプリです。

医師限定というだけあって、登録時に医籍番号が必要なので、ドクター以外は登録できず、歯科医師や医学生でも登録できません。

そんな医師限定アプリ「Whytlink」の特徴は次の3つです。

Whytlink

出典:Whytlink

  1. セキュアなネットワーク…最新の暗号化技術によってセキュリティ面も安心
  2. コミュニケーション時間の短縮…一度に複数のドクターと情報共有が可能
  3. 患者の紹介先が見つかる…地図検索機能により患者の紹介先も見つけやすい

以上をまとめると…安心安全のネットワークで、複数のドクターと情報共有ができ、患者の紹介先も見つけやすいという特徴です。

少し詳しく見ていくと…

「コミュニケーション時間の短縮」については、次の3つの機能により実現されています。

  • 一度に複数の医師と情報共有が可能
  • 隙間時間にチャット形式でメッセージや画像のやりとりが可能
  • 専門性や論文情報等のプロフィール情報を参考に医師の検索が可能
Whytlink

出典:Whytlink

つづいて特徴の3つ目の「患者の紹介先が見つかる」については、調査によって、救急時か否かに関わらず、転院先や受入先の手配に課題を感じている先生が多いことが判明したとのことで、それを解決するように開発されています。

具体的には……

  1. 地図から範囲を指定
  2. 診療科を選択
  3. アクティブな医師をリストアップし選択
Whytlink

出典:Whytlink

  1. 患者さん情報送信
  2. 画像・動画を添付
Whytlink

出典:Whytlink

リアルタイムでやり取りができ、受け入れ先が決定できる、という流れになっています。

このようにスムーズに患者さんの紹介先を見つけることができる機能が付いています。

Whytlink

出典:Whytlink

また最新の暗号化技術によってセキュリティ面も安全なので安心して患者情報のやり取りが可能です。

他医師に患者情報を送る際には、もちろん患者さんに同意を求める必要があり、「同意取得ボタン」もあります。

以上、医師限定SNSアプリ「Whytlink(ホワイトリンク)」をご紹介しました。

Whytlink – 医師限定のネットワーキングサービス

関連記事

「Kinsa」の画像

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

指で血圧がわかる?スマホで健康管理!血圧測定アプリ「MOCA heart 」

がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~...

「Wishbone」の画像

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

「頭痛ろぐ」の画像

偏頭痛持ちの方は必見!偏頭痛の誘因が把握できるアプリ「頭痛ろぐ」

「DrinkMate」

アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」