クローン病・潰瘍性大腸炎の症状を見える化するアプリ「IBDサプリ」

IBDサプリ

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくんです。

突然ですが、IBDという病気を聞いたことはありますか?

IBDとは、炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease)の略で大きく2つの疾患に分けられます。

ひとつがクローン病、もうひとつが潰瘍性大腸炎。

どちらも下痢や腹痛、血便などの症状が起きる疾患で指定難病としても定められています。

そんな炎症性腸疾患の患者さんをサポートする目的として「IBDサプリ」というアプリがリリースされました。

クローン病・潰瘍性大腸炎の患者サポートアプリ「IBDサプリ」とは?

「IBDサプリ」は、炎症性腸疾患であるクローン病・潰瘍性大腸炎の患者サポートするアプリとしてウェルビーが開発しヤンセンファーマから提供開始されました。

クローン病・潰瘍性大腸炎は、前述したように下痢や腹痛、血便などの症状が出てしまう疾患です。

そのため「IBDサプリ」では、そういった排便状況など日々の症状の記録や、それらをグラフや表で振り返ることで状態の変化を確認することができるという機能があります。

また、医療機関に受診しただけではわかりにくかった在宅時の状態・経過を、「IBDサプリ」を介して医療従事者に伝えることで、医師と患者さんの円滑なコミュニケーションを図ることが期待できます。

クローン病・潰瘍性大腸炎の患者サポートアプリ「IBIDサプリ」操作画面

ちなみに「IBDサプリ」のサンプル画面はこのようになっています。

▼「IBDサプリ」トップページ

IBDサプリ

▼「IBDサプリ」症状記録

IBDサプリ

症状記録では、排便回数や下痢、腹痛、血便などの症状を記録できます。

▼「IBDサプリ」レポート

IBDサプリ

レポートでは排便と下痢、血便、全体の調子などをグラスで見ることができます。

▼「IBDサプリ」先生に聞きたいこと

IBDサプリ

先生に聞きたいこと、という機能では次回の受診時に先生に聞きたいことを前もって記録しておくことができ、受診時に聞き忘れた、話を切り出せなかった…などを解消できます。

もし周りにクローン病や潰瘍性大腸炎などIBDでお困りの方がいれば、このアプリを紹介してみてはいかがでしょうか?

「IBDサプリ」

 

ご家族の物忘れで困っていませんか?

現在では65歳以上の4人にひとりは認知症・認知症予備軍といわれています。歳を重ねるほど自分自身だけでなく家族の認知症の不安は高まっていきますよね。

  • 物忘れが気になるようになってきた。
  • 車の運転が不安になってきた。
  • 同じことを何度も聞くようになった。
  • 料理中、鍋を焦がすことが増えた。
  • 言葉がなかなか出てこない。
認知症

これらは認知症の予備軍を調べるテストです。当てはまることがあったら注意しましょう。
最近では、血液検査やMRI検査などから認知症のリスクを調べることができます。また認知症の発症を遅らせることが期待されている、新しい治療薬の試験も募集しています。
少しでも気になる方がいればこちらをご覧ください。

認知症“予防”について調べてみる⇒