こんなものまでIoT!?ウェアラブル搾乳器「Willow」

ウェアラブル搾乳器

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

今までさまざまなIoT製品を紹介してきましたが、 CES2017にて驚きのIoT製品が発表されました。

それが、ウェアラブル搾乳器「Willow」

子育て中や経験のある方はピンときたかもしれませんが、母乳を取る搾乳器がIoT製品として発表されました。

なんと搾乳器がアプリと連動することで、家事や育児をやりながら自動で母乳を取ることが可能になったとのこと。妊婦さんや、今後予定している方には嬉しい発表ですね。

新しいIoT製品ウェアラブル搾乳器「Willow」とは?

ウェアラブル搾乳器「Willow」は、アプリと連動することで下着の内側に着けて、母乳を自動で搾乳してくれるIoT製品。

ウェアラブル搾乳器

▲一見するとなんだかわかりませんが、言われてみるとイメージがつきますよね。

 

ウェアラブル搾乳器

▲ウェアラブル搾乳器「Willow」は、外側のカバーと搾乳器が分離していて、内側の袋に母乳が保存されていきます。

ウェアラブル搾乳器

▲ブラジャーの内側に入れられるので周りの目を気にせず母乳を搾乳できるのがポイント。通常の搾乳器であれば、搾乳している間はほとんど何もできない状態になってしまいますが、ウェアラブル搾乳器「Willow」を使えば家事や育児、仕事も可能になります。

 

ウェアラブル搾乳器

▲アプリと連動することでリアルタイムで搾乳された母乳の量を確認できます。また、過去の母乳の量との比較も可能。

 

ウェアラブル搾乳器

▲搾乳した母乳は画像のような専用の袋に保存されます。

子育て中の方にとって搾乳作業はつらいもの、パートナーや家族にも見せたくない、という方も多いのではないでしょうか?そんな方にとってこのウェアラブル搾乳器は役に立ちそうですね。

ウェアラブル搾乳器「Willow」

 

【関連】

母乳で子育てをしたいという方にとってカフェインは大敵。ただ、ティータイムぐらい楽しみたい…育児に忙しいママさんたちだからこそ一息つく時間は大切ですよね。

そんな方でもノンカフェインタンポポ茶 であれば、おいしくしかも手軽にティータイムを楽しむことができます。プレゼントにも喜ばれているようなので検討してみてはいかがでしょうか?

また、妊娠中の方にはこちらの妊娠線クリーム もオススメ。早めのケアで妊娠時のお肌のトラブルを防ぎましょう。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

「IoT」の読み方・意味とは…「Internet of Things(モノのインターネット)」の略

赤ちゃんの心音が録音できるアプリ!「マイベイビーズビート」

胎児の心拍を視覚化するIoTデバイス「BabyWatch」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるIoTデバイス「Thermo」

関連記事

「CliniCloud」の画像

IoTデバイス(聴診器・体温計)で体調管理するアプリ「CliniCloud」

「DrinkMate」

アルコールがチェックできるIoTデバイス「DrinkMate」

「beddit スリープモニター」

IoTセンサーで睡眠状態を計測するアプリ「beddit スリープモニター」

Quell

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」

Wing

喘息管理ができるIoTデバイス「Wing」

「Thermo」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるIoTデバイス「Therm...