アプリの制作をしようと思ったらやるべきこと

アプリ制作
アプリ制作

アプリの制作は難しいように思えますが、今では素人の方でも行っている方が多く、制作を始めたい方や始めている方もいるでしょう。制作をしようと考えている方は、開発の一連の流れを把握して頭に入れておくとスムーズに行動できるかと思います。

アプリ制作をしようと思ったらまずツールを選ぼう

最初に行うこととしては、まず使うツールを選ばなくてはなりません。少し前までは、プログラミングを勉強しなければいけませんでしたが、今ではプログラミングは不要で専用のツールを使えば作ることができるので、特に難しく考える必要はありません。

ツールはいくつかあり、無料でも開発することができるが多いので、一つ使用してみて、どのようなものか試してみるのも良いでしょう。色々とカスタマイズしたり、細かな設定をしたい場合は、有料のプランを使うようにしましょう。月額料金がかかるツールもありますが、一ヶ月間無料で試すことができるので、色々なツールを比較することが出来ます。

アプリ開発のツールは色々なものを比較したサイトがあるので、そちらを参考にして選ぶと自分に合ったものが見つかりやすくなります。ツールのインストールや初期設定を行う時間としては、1時間~2時間くらいを要するとされています。

また、困った際は悩みに答えてくれるサービスもあります。そんなものも利用しながら進めていくこともできます。

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

 

アプリ制作の企画をしっかりしよう

使うツールを決める以外にも、どのようなものを作るのか、企画をしっかりと練らなければなりません。なんとなく開発を進めてしまうと、一からやり直しをする場合も多いので、計画はきちんと行うようにします。企画は紙などに自分が考えていることを視覚化することによって整理されるので、アイディアが思い浮かべやすくなります。

また、無駄な作業を無くすことが可能です。一般的な企画の立て方としては、レイアウトやデザインをどうするか、操作をするとどの画面に移動するかこの操作をするとどういう動きになるかなどを決めていきます。

収入目的で開発を目指している方に関しては、ダウンロード数や目標を立てることや、誰をターゲットにするかも重要となるため、こちらも並行して考えていきます。アプリを開発して企業する方や脱サラする方もいるので、やり様によっては大きく稼ぐことができます。

アプリを実際に開発した後は、問題なく起動するか確かめる必要があります。使う機種によってレイアウトやデザインが崩れていないかもチェックしたほうが良いでしょう。作ったものを公開したいと考えている方は、PLAYストアなどで手続きを行います。

 

アプリ制作を依頼するという方法

アプリは自分でも制作することができますが、依頼するという方法もあります。開発する会社はたくさんあるので、気になる方は資料請求や見積もり依頼をして確かめることができます。

開発会社を選んで失敗しないためにも、選び方には注意しましょう。選ぶポイントとしては、実績があるか、自社アプリをリリースしているかなどを基準ととして選ぶようにします。アプリ制作の一括比較サイトがあるので利用すると一発で比較検討できます。

アプリ制作一括

アプリ開発 一括.jp

 

 

関連記事

頭痛ーる

キャラのストーリーが重すぎる頭痛対策アプリ「頭痛ーる」

マスク

病院で「即見て」ほしい人のためのアプリ「ソクミテ」

「Smart Connect」5

アプリで揺らすことができるIoTゆりかご「Smart Connect」

archelis(アルケリス)

手術時の医師の負担軽減に期待!ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)...

「HearTily(ハーティリー)」

iPhoneで脈拍を測れる!?不整脈の臨床研究アプリ「HearTily(ハーティ...

ぜんそくログ

iPhoneでぜんそくを管理!順天堂大学が開発したぜんそくの臨床研究アプリ「ぜん...