Appleが医療分野に本格進出!iPhoneで医学研究から治療までをサポート!

iPhone
iPhone

iPhone

こんちには、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

Appleが2015年3月に発表したフレームワーク「ResearchKit」をご存知ですか?

「ResearchKit」はアプリ開発キットで、簡単にいうと、iPhoneをもっていれば誰でも医学研究に参加できるプラットフォームのようなものです。

 

Apple、医学研究活動の革新と研究者をサポートするツール、ResearchKitを発表(プレスリリース)

 

この「ResearchKit」がベースにあることで、iPhoneユーザーのデータが医学研究に活用しやすくなっています。

 

実際に国内でも、「ResearchKit」を活用したアプリが続々とリリースされていて、実際に見た方が、わかりやすいと思うので、「ResearchKit」を使ったアプリを紹介します。

 

 

アプリ開発キット「ResearchKit」を活用したアプリとは?

 

「ResearchKit」を活用したアプリとして、

「ロコモニター」「iPARKSTUDY」「ぜんそくログ」「GlucoNote(グルコノート)」

などがあります。

それぞれ、ロコモティブシンドロームやパーキンソン病、ぜんそく、糖尿病の研究のためのアプリとなっていて、順天堂大学や東京大学がリリースしているものです。

これらのアプリはインストールすることで、自分の治療や体調を管理するだけでなく、そのデータを医学研究に役立てることができるという特徴があります。

つまり、iPhoneユーザーがこれらのアプリを使うだけで、医学研究に貢献できるようになっているということです。

そのほかにも、さまざまな疾患で研究が進められていて、具体的には、自閉症、てんかん、メラノーマ、ぜんそく、パーキンソン病、糖尿病、乳がん、心臓血管疾患などが対象となっているようです。

 

Apple

Apple

 

「ResearchKit」を活用したアプリが今後も増えていきそうです。

 

さらに2016年3月には、Appleから「CareKit」が発表されました。

 

Apple、ヘルスケアアプリケーションをさらに進化させるCareKitを発表(プレスリリース)

 

 

 

Appleが発表した「CareKit」とは?

 

「ResearchKit」が医学研究に焦点を当てた、アプリ開発のプラットフォームだとすると、「CareKit」は、より患者さんのケアに焦点を当てたアプリ開発のプラットフォームという位置づけです。

例えば、患者さんの治療状況をトレースしたり、健康状態や体調の変化などをドクターや家族と共有したりと、より治療に介入していくようなものになっているようです。

 

「ResearchKit」で医学研究をサポートし、「CareKit」で患者さんの治療をサポートするという流れが進んでいくかもしれませんね。

Appleが医療分野にかなり力を入れているのがうかがえます。

 

国内のiPhoneのシェアが6割を超えたようなので、スマホユーザーの6割以上がこういうったものに参加できるとなると、さらにアプリのリリースが活発になっていきそうです。

アウンコンサルティングは18日、今年2月時点でのスマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果を発表した。日本のシェア率は、基本ソフト(OS)はiPhoneに入っているアップルのiOS、機種はアップル製のものがともに66.2%となった。昨年に続き、世界40カ国・地域中アップルのシェアが最も高い国であることが分かった。

iPhone大国日本、シェア66.2%に 世界40カ国で調査

 

ただ、問題は、スマホを持っていない高齢者。

慢性疾患を多く抱えていると思われる高齢者がiPhoneを持っておらず、こういうったものに参加しにくい、という課題をどう解決していくかが、今後重要になっていきそうです。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

順天堂大学が開発したぜんそくの臨床研究アプリ「ぜんそくログ」

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究アプリ「iPARKSTUDY」

順天堂大学が開発したロコモティブシンドローム用臨床研究アプリ「ロコモニター」

東京大学が糖尿病向けアプリをリリース!糖尿病臨床研究アプリ「GlucoNote(グルコノート)」

 

関連記事

「Thermo」

赤ちゃんでも簡単!おでこにタッチするだけで体温が測れるIoTデバイス「Therm...

「karadafit(カラダフィット)」の画像

身につけるだけで睡眠も記録できる世界最小クラスの活動量計「karadafit(カ...

「SniffPhone」

ガンが匂いでわかるアプリ「SniffPhone」

「Embrace」の画像

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」

「Heart Rhythm(ハートリズム)」1

脳梗塞の発症リスクがわかるアプリ「Heart Rhythm(ハートリズム)」

「Starling」

赤ちゃんの言語発達のためのウェアラブルデバイス!赤ちゃんが聞く単語の数をカウント...