健康に「いいこと」を習慣化できるアプリ「+Try」

「+Try」

 

健康のために実践していることはありますか?

食事に気をつけるなり、運動を心掛けるなりあると思いますが、毎日意識できてるかというとなかなか大変な部分もありますよね。

そんな健康に「いいこと」を習慣化できるようにサポートするアプリがあります。

今回は、そのアプリ「+Try」を紹介します。

 

 

健康に「いいこと」を習慣化できるアプリ「+Try」とは?

 

「+Try」は、健康に「いいこと」が記事として紹介されており、読むことができるアプリです。

自分の体調や症状などから気になるものを読み、気になったものを「いいことリスト」に入れられます。

そして、その「いいことリスト」を実践できたかチェックすることで、習慣化をサポートするというアプリです。

 

例えば、「楽しく笑うとぐっすり眠れる」という記事を読み、「マイトライ」に追加すると、1週間単位で達成できたか自分でチェックします。

それを続けることで習慣化できたか、目視管理できるというアプリです。

「+Try」

記事「楽しく笑うとぐっすり眠れる」

+Try

「マイトライ」に追加し、達成できたかチェック

 

記事の内容に関しても、論文や書籍から厳選し、データ解析などを行っているようで、エビデンスもしっかりしています。

「+Try」

 

「+Try」の習慣化させる仕組みとは?

 

記事を読み、役立ちそうな内容を実践して習慣化させることで健康を保つということが目的のアプリですが、特に重要な「習慣化」についていくつか工夫があります。

記事を読んだり、マイトライの内容を実践すると、「健康pt」なるものを獲得でき、「健康pt」を貯めることで健康レベルが上がっていくという仕組みです。

その健康ptがグラフで示されるので、モチベーション保ちやすいです。

また、健康ptが貯まることで植物が育っていくので、それも楽しみになりそう。

「+Try」

 

 

このような習慣化の仕組みもあるので、記事で読んだ健康への取り組みをうまく習慣にできそうです。

 

健康習慣を手に入れるために、ぜひお試し下さい。

 

「+Try」

 

関連記事

体臭が気になる方必見!「臭いが見える」アプリ「Kunkun Body」(クンクン...

「WellBe」

腕に付けるだけでストレスの原因がわかり、対策を提案してくれるウェアラブルデバイス...

PORTメディカル

いよいよ日本でも遠隔診療が本格化!「PORTメディカル」

「Baby Glgl」の画像

哺乳瓶の適切な傾きがわかるアプリ「Baby Glgl」

体温計測アプリ「Wishbone」

クラウドファンディングに参加してIoT体温計「Wishbone」を使ってみた

「SMRT MOUTH」

脱水症状を防げるマウスピース型ウェアラブルデバイス「SMRT MOUTH」