がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

がん治療中のつらさを伝えるためのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

 

「つたえるアプリ」

「つたえるアプリ」

 

こんちには、メディカアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

最近、芸能界でがんについての報道が増えていますよね。今や2人に1人はがんになると言われているので、いつがんと宣告されてもおかしくありません。

今回は、株式会社ウェルビーが開発し、塩野義製薬株式会社が提供している、がん患者向けのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」を紹介します。

がん患者向けのアプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」とは?

 

「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」は、がん患者さんに治療の状況を「記録」してもらうことで、医療従事者に治療状態を「つたえる」ことを目的としたアプリです。

つまり、がん患者さんの「記録」と「つたえる」ができるアプリです。

 

「つたえるアプリ 〜つらさを和らげるために〜」

 

「記録する」では、18種類(痛み、だるさ、吐き気、気分の落ち込みなど)の症状を0〜10点で付けるというもの。(「ない」=0、「最もひどい」=10のスケールや、「あり/なし」のチェックで記録)

また「気になることのメモ」として自由記載欄もあるようです。

 

「つたえるアプリ 〜つらさを和らげるために〜」

 

「つたえる」では、「記録」を印刷することができ、日々の症状やメモなどの「記録」を医療従事者に「つたえる」ことができます。

また「つたえ方の例」も確認できるので、それを参考にドクターや看護師さんに「つたえる」ことができそうです。

日々の症状を口頭だけで伝えるのは大変だと思いますが、このアプリによって、がん患者さんの状態を正確に伝えることができそうです。

こういったサポートアプリが出てくるのは嬉しいですが、それだけ必要性が高まっているということにもなり、複雑な気持ちです。

今では「がん」も珍しい病気ではなくなりました。治療や診断も充実していくことを願っています。

 

「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

便秘解消にオススメのアプリ「おなか日記」とは?

iPhoneで産後うつ研究に参加しよう!産後うつサポートアプリ「PPD ACT」

頭痛でお困りの方必見!頭痛予報アプリ「ズキンちゃん」とは?

iPhoneでメタボをチェック!早稲田大学が開発したメタボリックシンドローム臨床研究アプリ「メタボウォッチ」

製薬会社が提供する統合失調症患者さん向けアプリ「こころケア」

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」

順天堂大学が開発したパーキンソン病の臨床研究用iPhoneアプリ「iPARKSTUDY」

40万人以上が評価した!音楽を聴くだけで不眠が解決できるアプリ?「pzizz」

アトピーで困っている人の悩みを解決するSNSアプリ「untickle」

アプリが障害の壁をなくす!聴覚障害者サポートアプリ「ava」が素晴らしい!

認知症が客観的にチェックできるアプリ「認知症に備えるアプリ」

パーキンソン病の症状・服薬状況を管理するアプリ「MyHealthPal」

てんかん発作を感知するアプリ「Embrace」

偏頭痛持ちの方は必見!偏頭痛の誘因が把握できるアプリ「頭痛ろぐ」

関連記事

メディカルアプリナビ

メディカルアプリ一覧

「Kinsa」の画像

「エリアの健康情報」がわかるIoT体温計!「Kinsa」

「Quitbit」の画像

禁煙を実現させるライター?禁煙サポートアプリ「Quitbit」

「Wishbone」の画像

体温・気温・ミルクの温度がチェックできる温度計アプリ「Wishbone」

「CLINICS(クリニクス)」

遠隔診療「CLINICS(クリニクス)」導入事例を診療科別にまとめてみた

「Baby Glgl」の画像

哺乳瓶の適切な傾きがわかるアプリ「Baby Glgl」