注射の失敗がなくなる!?画期的なデバイス「VeinViewer」

「VeinViewer」
「VeinViewer」

「VeinViewer」

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

インフルエンザの季節が近づいてきました。今年(2015年)はワクチンが高くなったということで、予防接種をしない方も増えるかもしれませんね。

さて、そんな予防接種に使われる注射ですが、「注射が嫌い」そんな方、多いのではないでしょうか?注射が好きなんて聞いたことありません。

そんな注射の負担が、もしかしたら軽減されるかもしれません。

その期待ができるのが、「VeinViewer」というデバイスです。

血管を映すデバイス「VeinViewer」とは?

「VeinViewer」は、血管を映すことができるデバイスです。

人体に無害な近赤外線(NIR)と特許技術を使って、深さ10mmまでの静脈を検知し、皮膚表面に直接、血流パターン画像をリアルタイムで投影する画像システム
https://www.ushio.co.jp/documents/technology/lightedge/lightedge_38/le38-6.pdf

とのことで、要するに、注射をしたい部分に赤外線を当てることで、血管を映し出すことができるデバイスです。

このデバイスによって、「血管がどこにあるかわからない」「間違って血管を外してしまった」ということを防ぐことができ、注射のやり直しがなくなることが期待できます。

冒頭でお話ししたワクチンは皮下注射になるので、血管の位置は関係ありませんが…健康診断での採血などは楽になりますね。

改良が重ねられ、現在は小型化に成功し、手に持って操作が可能とのことです。

 

「VeinViewer」

 

より一般に広まれば、注射の失敗は激減すると考えられます。

技術の進歩はすごいですね!一般的になるのが楽しみです。

血管を映すデバイス「VeinViewer」

 

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

腕に付けるだけでストレスの原因がわかり、対策を提案してくれるウェアラブルデバイス!ストレスチェックアプリ「WellBe」

紫外線の浴びすぎをチェックできるアプリ「QTemp」

夏場に必須!日焼け止めがムラなく塗れるデバイス「Sunscreenr」

歯磨きも新時代に!?歯磨きを見える化するアプリ「G・U・M PLAY」

肌トラブルを解決できるiPhoneアプリ「Oku」

ビタミン不足をチェックできるアプリ「Vitastiq」

耳に付けるだけで食事管理をするアプリ「BitBite」

便がいつ出るか教えてくれるアプリ!?排泄予知ウェアラブルデバイス「DFree」

関連記事

「smartECG」の画像

心電図が測れるiPhoneアプリ「smartECG」

「TempTraq」の画像

貼るだけで体温をモニターできるアプリ「TempTraq」

「ライフパレット ダイアベティス」

糖尿病患者さんのための血糖値管理アプリ「ライフパレット ダイアベティス」

The Shock Clock

早起きが苦手な人に!電気ショック付きアラームアプリ「The Shock Cloc...

「Diabeto」の画像

糖尿病管理アプリ「Diabeto」

「BabyWatch」の画像

胎児の心拍を視覚化するIoTデバイス「BabyWatch」