胸に貼るだけで24時間活動量を計測できるウェアラブルセンサー「AmpStrip」

「AmpStrip」の画像

 

「AmpStrip」の画像

 

こんにちは、メディカルアプリナビゲーターのたかくん(@MedicalAppNavi)です。

以前、貼るだけで体温を計測するアプリ「TempTraq」を紹介しましたが、今回は、貼るだけで心拍数などを計測するウェアラブルデセンサー「AmpStrip」を紹介します。

 

※2016年9月18日追記 残念ながら「AmpStrip」のリンク先が開けなくなっています。

心拍数などを計測するウェアラブルデセンサー「AmpStrip」とは?

 

「AmpStrip」の画像

 

 

「AmpStrip」は、専用センサーを貼るだけで心拍数や体温、運動負荷などを計測、記録できるアプリです。

以前、紹介した「TempTraq」は赤ちゃん向けのものでしたが、こちらはアスリートや運動する方のトレーニングをサポートするものです。

 

専用のセンサーは、絆創膏のような形で低刺激性の医療用接着剤を使用して体に付着し、粘着力は3〜7日間は持続するようです。

サイズはおおよそ、長さ9cm、幅2.5cm、厚さ6.2mm、重さ11gで、約4度~44度程度までの温度で動作可能とのこと。

電池は、ワイヤレス充電式になっており、連続装着で7日間程度もち、2〜3時間で充電されます。

 

活動量を24時間追跡できる

 

「AmpStrip」の画像 

専用センサーは防水仕様になっているので、24時間、常に貼っていることが可能です。

胸の辺りに貼っておくことで、自動的に運動時・安静時の心拍数、運動負荷、皮膚温度、姿勢などを追跡することができるため、トレーニング中だけでなく、トレーニング後や睡眠中も追跡することで自分の体の回復サイクルなどを把握できるようです。

専用センサーからBluetooth 4.0でスマートフォンにデータを送るようになっていますが、スマートフォンが近くにない場合は、最大24時間、専用センサー本体にデータが蓄積されるようなので常にスマートフォンを持っている必要はなさそうです。

普段トレーニングをしない方も、活動量計の代わりにいいかもしれません。

個人的にリストバンド型の活動量計は、手首についているとなんとなく気になってしまうので、これであれば、気にすることなく普段から付けることができそうです。

 

貼るだけで活動量を計測できるウェアラブルセンサー「AmpStrip」-indiegogo

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

iPhoneで脈拍を測れる!?不整脈の臨床研究アプリ「HearTily(ハーティリー)」

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」

スマホで健康管理!血圧測定できるアプリ「MOCA heart」

ビタミン不足をチェックできるアプリ「Vitastiq」

耳に付けるだけで食事管理をするアプリ「BitBite」

脱水症状を防げるマウスピース!?「SMRT MOUTH」

睡眠状態を計測するアプリ「beddit スリープモニター」

関連記事

Quell

スマホと連動して慢性の痛みを緩和するウェアラブルバンド!「Quell」

アプリ制作

アプリの制作をしようと思ったらやるべきこと

「オハログ」

良質な睡眠をとるためのアプリ「オハログ」

「Sproutling」1

赤ちゃんの睡眠状態がわかるウェアラブルデバイス「Sproutling」

「頭痛ろぐ」の画像

偏頭痛持ちの方は必見!偏頭痛の誘因が把握できるアプリ「頭痛ろぐ」

ルナルナ

妊活アプリ「ルナルナ」で避妊希望日と妊娠希望日が確認できる